Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 最新記事一覧

全 680 件
    次の10件>  最終>>|
2020年度までに風疹排除を目指す東京都 多言語ガイドブックを全ホテル旅館に配布東京都福祉保健局健康安全部 感染症対策課課長 杉下 由行 氏東京都が実施した感染症発生動向調査で、結核を除くと2013~2017年の各年で最も報告の多かった感染症は、2013年が風疹、2014~2017年が梅毒だった。この調査結果を受けて、東京都福祉保健局健康安全部感染症対策課課長の杉下由行氏は「2020年に向けて、医療機関向けの講習会など風疹と梅毒の対策を進めていく必要がある」と方針を示す。2013年に最も報告件数の多かった風疹の患者数は3,423人だっ ...続きを読む
メディアが患者と医師の関心を喚起 梅毒の報告件数が急増している一般社団法人日本家族計画協会理事長 北村 邦夫 氏梅毒の報告件数は氷山の一角の可能性梅毒は感染症法が定める五類感染症として1999年から全数報告が義務づけられ、診断した医師は7日以内に最寄りの保健所に届け出ることになった。2017年の報告件数は全国で5,820件(男性3,925件、女性1,895件)。前年比1.3倍で、10年前に比べると7.0倍に増加した。この集計結果に対して「本当にわが国の梅毒の実態を表わしているのだろうか」と疑問を投げかける一般社団法人日本家族計画 ...続きを読む
インバウンド急増で感染症リスク拡大 空港検疫で全ての流入は防げない日本医科大学成田国際空港クリニック 所長 赤沼 雅彦 氏日本に入国時は未発症でも国内移動時に発症する可能性2018年3月、台湾から沖縄に来訪した旅行客が麻疹と診断され、この患者と接触歴のあった二次感染例から沖縄県内だけでなく、県外にも感染が拡大した。国外ではコンゴでエボラ出血熱、インドでニバウイルス感染症、アラブ首長国連邦で中東呼吸器症候群コロナウイルス、欧州の複数国で麻疹というように感染症の拡大するリスクが潜んでいる。国内への流入をいか ...続きを読む
診療所では、患者が増えるにつれて「患者の待ち時間が長くなった」「スタッフの残業が増えた」という声をよく聞きます。患者数の多い診療所であれば当然起きることではありますが、それを少しでも解消できれば患者やスタッフだけでなく、院長にとっても喜ばしいことでしょう。患者の待ち時間の問題が解決すれば、スタッフの残業増加も解消されることも多いようです。今回は「待ち時間」について考えてみます。待ち時間のメカニズム患者の待ち時間は、なぜ発生するのでしょうか。その原因としては「患者集中」と「患者1人当りの滞在時間の ...続きを読む
広域経済圏の形成を目指す中国の「一帯一路」構想に、感染症の拡大リスクが潜んでいる可能性はないのか。21世紀医療課題委員会が6月17日に都内で開いたフォーラム「人間の移動と疾病、その攻防」(後援:日本未病システム学会、日本医科大学/協賛:キリン、医療タイムス社)では、グローバル化のすう勢で見落とされがちな医療テーマに焦点が当てられた。人口が大移動する「一帯一路」構想 疫病も大移動するリスクを考えるべきだ21世紀医療課題委員会代表 日本医科大学連携教授 福生 吉裕 氏ペスト菌はシルクロード経由で中国・雲南省か ...続きを読む
【パネルディスカッション】行政も含めてリテラシーの向上が必要シンポジウムの最後には、順天堂大学准教授の福田洋氏、女優・タレントの杉田かおるさんを交えてパネルディスカッションが行われた。杉田さんは、この3月日本健康マスター検定に合格。健康マスターの伝道師として、「健康マスター名誉リーダー」に委嘱・任命された。生きがいを持って住める街づくりを大谷 人生100年時代の中で未病とどう付き合っていくべきか。今村 個人的な話になるが、100年時代の3分の2を過ぎた。正直この年齢になると薬を飲むこともあるが、私の中で ...続きを読む
【講演2】2025年問題を解決する健幸都市という概念後期高齢者数が前期高齢者数を上回る筑波大学教授の久野譜也氏は、健康リテラシーと未病について語った。毎月総務省が人口統計を発表しているが、これまでは65~74歳の前期高齢者の数が、75歳以上の高齢者の数を上回っていたが、2018年に入ってその数が逆転した。久野氏によれば、「これは2025年問題の扉が開いてしまったということ。それに対応する社会を一刻も早く作らなければならず、そのためにも健康リテラシーの向上が必要となる」と指摘する。例えば介護分野では、前期高齢者の要 ...続きを読む
高齢社会が進む中、人生100年時代といわれるようになった。今後、健康と病気の間を連続的に変化する生活=未病ライフと、それを支える健康リテラシーの向上が求められる。一般社団法人日本健康生活推進協会は5月24日、設立2周年記念シンポジウムを開催。未病ライフの周知と健康リテラシーの在り方について議論した。【講演1】未病の改善策の基本となる「食」「運動」「社会参加」健康リテラシーを上げる日本健康マスター検定一般社団法人日本健康生活推進協会は、「健康づくりや疾病予防に関する必要な知識、ノウハウを身につける機会を広 ...続きを読む
厚労省は2010年、電子カルテの外部保存に関する通知を一部改正し、医療分野におけるクラウドコンピューティング(以下、クラウド)の活用を解禁しました。これにより診療録などをクラウドへ保存することが可能となりました。また、時を同じくしてアップル社が「iPad」を発売し、タブレットの普及が始まりました。この2つの出来事を境に医療分野におけるIT化は、これまでの「業務効率化を主体とした活用」からICT化という言葉にあるように、「コミュニケーションツールとしての活用」へと、新たなステージに移ったといえます。クラウドの普 ...続きを読む
電子カルテ導入に費用対効果が見いだせない現在、診療所の電子カルテの普及率は約4割。製品が誕生してから17年が経過し、新規開業では当たり前に導入するシステムとなりましたが、既存の診療所ではなかなか普及が進まない要因は、「電子カルテの費用対効果」が見いだせないからではないでしょうか。現在のところ、診療所が電子カルテを導入しても診療報酬の恩恵はありません。そのため、電子カルテの購入をためらう医師からは「医療機器には点数は付くが、電子カルテには点数が付かないから購入しない」という声をよく耳にします。多くの ...続きを読む
    次の10件>  最終>>|

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る