Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 最新記事一覧

全 664 件
    次の10件>  最終>>|
【解説 介護報酬改定】診療所のための介護報酬改定対策介護事業の方向性を知りWin-Winの関係づくりを2018年度介護報酬改定は地域包括ケアシステムの構築を御旗に掲げ、自立支援や重度化防止、サービスの適正化がテーマになった。全体ではプラス0.54%となったが、今回の介護報酬改定は、診療所経営にどのような影響を与えるのか。小濱道博・小濱介護経営事務所代表に解説してもらった。サービス種別を問わず提供時間と対象を見直せ2018年度介護報酬改定は0.54%のプラスとなったが、同じサービスでも提供時間や提供形態によって明暗が分 ...続きを読む
維持期リハビリについては介護事業の拡充も考えるべき‐外来について診療科別では何か気にある点はありますか。小松 毎回のことですが透析医療は削られていっています。今回も人工腎臓関係は大きく減らされたし、しかも透析用監視装置に台数に応じた点数設計という新しい手法を導入し、大規模型の透析医療の基本料を減らしてきています。ただ、導入期加算として患者ごとに腎代替療法について十分な説明を行うことを条件に点数がつきました。中村 透析の予防に関連するものですが、生活習慣病管理料に関して糖尿病患者については、血糖値 ...続きを読む
『外来医療編』患者数は確実に減っていく生き残りには新たな展開が必要外来医療の最大の目玉は初診料機能強化加算の新設‐次に外来をテーマに議論を進めていきたいと思います。まず紹介状なしの大病院受診時の定額負担の対象が特定機能病院と500床以上の地域医療支援病院となっていましたが、これが400床以上へと拡大されました。これの影響はありそうですか。小松 ほとんどないでしょう。前回改定で導入されましたが、大病院の患者さんの多くが中小病院や診療所に流れたといったことは起きていませんから。今改定の外来で最も大きなポイ ...続きを読む
在宅医療は質と効率性から診療科別の分業の時代に‐在宅医療に関しては今回、在宅患者に対して複数の医療機関が訪問診療に入れるよう「在宅患者訪問診療料Ⅰ」が見直されました。これも全員参加の在宅医療に向けた取り組みの一環と考えればいいのでしょうか。小松 そうですね。これまで在宅医療に縁遠かった、たとえば皮膚科や耳鼻咽喉科などの診療科の医師に対する「少しでもいいからやりましょう」というメッセージでしょう。主治医は別にいるので夜間呼び出されることもなく、参加しやすくなると思います。中村 在宅患者さんの側から見 ...続きを読む
厚生労働省は、高齢化に伴い増加が見込まれる医療・福祉分野の就業者数の抑制に向け検討に入った。2025年以降、900万人程度のまま横ばいで推移させるため、人工知能(AI)の積極活用などの対策を議論する。人口減少が進む中、医療・福祉分野の就業者の割合が膨らみ、他の産業全体で深刻な人手不足になるのを避ける。社会保障費の伸びにも歯止めをかけたい考えだ。厚生労働省によると、18年の医療・福祉関連の就業者は823万人で、全就業者6580万人の13%。「団塊の世代」が75歳以上になる25年には全体が6350万人に減る一方、高齢化による需 ...続きを読む
2018年度診療報酬改定は本体部分0.55%のプラス、介護報酬は0.54%のプラスとなった。ともにプラス改定となったものの、従前の「診療体制」から「診療実績」へ、入院基本料の評価指標の大幅な見直しをはじめ評価体系は大きく変わってきている。これは在宅医療や外来医療でも同様であり、従来型の外来患者を待っているだけの診療所の経営は今後厳しくなる。診療所も経営スタイルの抜本的な見直しが必要だ。2025年に向けた道筋を確定させたと言われる今改定は地域医療、ひいては診療所経営にどのような影響をもたらすのか‐。本特集では診療 ...続きを読む
クラウドとタブレットが医療IT業界への参入を加速近年、医療IT(ICT)業界に新規参入する企業が増加傾向にあります。その背景の1つに、診療録などの保存を行う場所に関する法律が2010年に改正され、医療分野でクラウドコンピューティングの技術が解禁になったことが挙げられます。そして、アップル社の「iPad」をはじめとするタブレットが急速に普及している現状を受けて、医療分野における新たなニーズが生まれてきていることも大きいといえるでしょう。今回は、医療における最新の開発トレンドを現場のニーズを交えて紹介します。「患者 ...続きを読む
年々増え続ける「電子カルテ連携ソフト」電子カルテ導入した医師の多くが、現在の電子カルテ連係ソフトの多さに驚かれます。電子カルテ自体も昔に比べればもちろん進化はしていますが、それ以上に急速に進化しているのが、電子カルテと連係するシステム分野です。これまでにも画像ファイリングシステム(PACS)や診療予約システムを電子カルテと連係させるケースはよくありました。しかし、現在はこの3種類のシステムを導入するのは当たり前となり、「その他のシステムはないか」と検討される医師も多くいらっしゃいます。最近、注目の電 ...続きを読む
電子カルテを操作しながら診察を行うと、どうしても患者と向き合う時間が短くなりがちです。いくらパソコン操作に慣れていたとしても、患者と話しながら、または処置をしながら入力するのは難しいため、結局は診察の合間に追加で入力せざるを得なくなります。また、開業したばかりで外来患者がまだ少なかった時期と、しばらくたって患者が増えた時期とでは、電子カルテの操作に違和感が生じ、操作自体を負担に感じてしまうことも少なくありません。「せっかく、(カルテの書き過ぎによる)腱鞘炎から解放されたのに、今度はPC入力で腱鞘炎 ...続きを読む
従業員の副業・兼業を認めた場合、雇用保険、社会保険の加入はどのようになりますか? ...続きを読む
    次の10件>  最終>>|

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る