Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 最新記事一覧

全 720 件
    次の10件>  最終>>|
電子カルテが生まれて約20年が経ち、診療所の普及率も4割に達しようとしています。新規に開業する医師は必ず電子カルテを導入し、既存に開業している先生でも、電子カルテにいずれは導入する必要があると考える時代になりました。電子カルテは何のために導入するのかそんな時に改めて問いたいのが、「電子カルテは何のために導入するのでしょうか」。この質問にはっきりと答えられる医師は少ない気がします。他のシステムであれば、簡単に出てくるのが、なぜか電子カルテは解答が出てきません。私なら「電子カルテは診療データを蓄積し、 ...続きを読む
育児休業給付の申請の際に従業員(被保険者)の署名・押印が省略できると聞きました。どのような場合に省略できるのでしょうか。 ...続きを読む
診療所にとって、ホームページを活用して集患を行うことが一般的になりました。ですが、美容医療サービスを提供するクリニックなどのウェブサイトの内容に関して、虚偽または誇大広告などのトラブルが年々増加しており、それを受けて2018年6月にウェブサイトが医療広告の規制対象となるガイドラインが公表されました。口コミは自発的なもののみ、依頼したものは広告とみなされる最近、医療機関から「Google等に掲載された口コミを消すことができないか」という相談が増えています。インターネットが普及し、サイトの口コミ情報を参考に医 ...続きを読む
2019年4月から、年次有給休暇の取得が義務化されると聞きました。どのような対応をすればいいのでしょうか。 ...続きを読む
問診票の内容の充実を図るためには、受付スタッフの「傾聴力」や「質問力の向上」と、問診票そのものの「用紙の改善」が必要です。問診票は何のために必要なのかそもそも問診票は、患者さんの訴え(主訴)や、既往歴、禁忌薬、アレルギー、妊娠の有無などを事前に把握するために、多くの診療所で利用されているものです。適切に問診が行われることで、医師は素早く診察に入ることが可能です。カルテの主訴の記載も充実したものになります。事前に問診を十分に行うことで、「スムーズな診療」ともに「診療時間の短縮」が見込めます。このよ ...続きを読む
【シンポジウム】健康経営の実践で明らかに業績に差がつく座長 慶応義塾大学大学院教授 中村洋氏シンポジスト 西村周三氏 松本吉郎氏 江崎禎英氏健診を受けないと賞与減額インセンティブは有効でない中村 今日の講演は大変勉強になった。先生方からほかの先生に意見はあるか。西村 欧米では病院で亡くなる場合、施設で亡くなる場合、自宅で亡くなる場合、それぞれどういう治療を行うかという研究が進んでいる。終末期医療の医療費はがんと非がんとではかなり違うと聞いている。「何とか助かる」と思ってかけた費用と「無理だけど何 ...続きを読む
人件費・薬剤費の懸念材料は高額薬剤・医療機器、人手不足医療経済研究機構所長 西村 周三 氏年金・医療費・介護費において、年金問題は「マクロ経済スライド方式」の導入により、大まかな問題は解決した。公的年金はインフレ・デフレ対応を行いながら「現役勤労者」の平均給与を目安に設定される。医療費・介護費は経済動向に左右されつつ伸びていくが、抗がん剤開発や人手不足などによって、急激に伸びる可能性は否定できない。これまで厚生労働省による診療報酬と介護報酬のコントロールは比較的成功してきたが、医療費の半分が人件費 ...続きを読む
医療費抑制策を考察するシンポジウムは数多いが、論点は医療提供体制の変革にとどまりがちである。医療経済フォーラム・ジャパンが10月25日、都内で開いた公開シンポジウムでは新たな視点が提示された。特に経済産業省の提言がクローズアップされた。2周目の人生でも現役を続行する“ハイブリッド型社会”に移行経済産業省商務・サービス政策統括調整官 兼 厚生労働省医政局統括調整官 江崎 禎英 氏余生を送る超高齢社会を改め自律生活を送る健康長寿社会国連の定義によると、高齢化率(65歳以上人口比率)が7%を超えると高齢化社会、14% ...続きを読む
質の悪い夜勤が健康や医療安全を損ねる大原記念労働科学研究所上席主任研究員 佐々木 司 氏看護師の夜勤について、安全、健康、生活の視点から大原記念労働科学研究所上席主任研究員の佐々木司氏が報告した。「日勤と夜勤の睡眠を調べたところ、メラトニンや体温など身体のリズムは変化しないことが分かった」そのため夜勤中、身体は眠ろうとするし、反対に夜勤明けの睡眠中は覚醒しようとする。つまり「夜勤は眠い。それなのに眠れない。だから疲れる」。その結果、医療事故などにつながることを分かりやすく示したのが(図6)だ。過度 ...続きを読む
夜勤交代制の実態と働きやすさ日本看護協会 奥村 元子 氏11人に1人が60歳以上という実態看護師確保に悩んでいる医療機関は多い。その点を日本看護協会看護労働・確保対策担当専門職の奥村元子氏は「子育てや介護をしながら働き続けることができる夜勤交代制に取り組む」と話した。高齢化や人口減少時代の影響は大きい。2016年の看護関係統計資料集(日本看護協会出版会)によると看護職の就業者数は166万人。その年齢構成をみると、11人に1人が60歳以上なっている(図3)。「毎年、3万人の看護職が60歳代になる。一番人数が多いのは40歳 ...続きを読む
    次の10件>  最終>>|

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る