Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 最新記事一覧

全 3 件
厚生労働省は10日、各都道府県が2025年の医療提供体制を示した「地域医療構想」の分析結果を公表した。構想は複数の市町村で構成する全国341の区域ごとに推進。その約8割に当たる270区域で、長期療養向けの入院ベッドが2015年度より減る見通しだ。入院の必要性が低い高齢の患者を在宅医療に移す流れを加速させるという。構想は、団塊の世代が全て75歳以上になる25年を前に、効率的な提供体制を整えるのが目的。在宅医療を推進して医療費の膨張を抑える狙いもある。15年度より長期療養向けベッドが減る見通しの区域は、訪問診療や介護サー ...続きを読む
都道府県の自主的な取り組みで進められているだけに、さまざまな考え方・見解が飛び交う地域医療構想策定作業。松本晴樹・厚生労働省医政局総務課・医療機能情報分析専門官に、あらためて制度のねらいを解説してもらった。病床機能への「相場感」醸成でさらに精緻な報告が期待される-各病院が自ら自院の機能を報告するという「病床機能報告制度」が昨年、初めて施行されましたが、「実態と違う報告内容が一部で見られる」といった指摘があります。厚労省が示した機能の定義に基づいて報告していただいたと思いますが、同じ医療を提供して ...続きを読む
超高齢社会のわが国では後期高齢者が増え、医療ニーズは今後も高まるばかりだ。“団塊の世代”の高齢者が後期高齢者になる2025年を念頭に市区町村では地域包括ケアシステムの構築を目指している。その一方で、2015年4月から「地域医療構想」の策定が開始され、病院機能は再編成する。今回は地域包括支ケアシステムに欠かせない連携体制の作り方と、高齢者を支える介護(居宅・施設)と地域のベッドの再配分の関係に着目してみたい。1.釜石市で進む地域包括ケア岩手県釜石市は、かつて新日鉄釜石製鐵所が繁栄し多くの人が集まった。もちろん ...続きを読む

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る