Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 最新記事一覧

全 57 件
|<<最初  <前の10件    
日本医師会総合政策研究機構は11月6日に、日医総研ワーキングペーパーとして「地域の在宅医療の現状」を発表した。これは、平成23年度の「静岡県在宅医療機能調査」の結果をモデルとして、各都道府県の在宅医療の実態を把握する手法を開発するものである。社会保障・税一体改革では「在宅医療の推進」を柱の1つに位置づけているが、さまざまな課題もあり、思うように進んでいないのが実際だ。今後、在宅医療を進めていくためには、まず現状を正確に把握し、そのうえで地域の実情にあった推進方策を立てる必要がある。そこで日医総研は、静 ...続きを読む
在宅医療が注目される中、医療機関のサービス付き高齢者住宅への参入をにらむ病院経営者も多いことだろう。2011年10月から施行されるサービス付き高齢者住宅に先駆け、高齢者専用賃貸住宅の運営を行う病院も多い。今回、慢性期型の病院を経営する医療法人社団康明会の高専賃経営についてお届けしたい。診療報酬に依存した経営からの脱却を医療法人社団康明会は、医療療養病床の康明会病院(96床)をはじめ在宅療養支援診療所、訪問看護ステーション、介護事業所など18事業所を展開するほか、2010年秋には高齢者専用賃貸住宅「風のガーデン ...続きを読む
往診にやりがいを見出し、在宅医の道を選択―在宅医として開業された理由を教えてください―地元の市民病院で内科医として4年間勤務した後、系列の診療所で3年間所長を務め、外来と往診の両方に携わっているうちに、在宅医療の面白さを知りました。住み慣れた自宅で家族と共に暮らしている在宅の患者さんは表情が明るく、その人がこれまで歩んできた足跡や生きざまなど、人間味があふれる雰囲気のなかで診療を行うのが本当に楽しくて、在宅医療が性に合っていることを実感し、開業を決意しました。在宅療養支援診療所は、自分の好きな分野に ...続きを読む
■精神科「30分未満引き下げ」を考慮し1人当たりの診療時間の配分に注意精神科診療所にとっては、算定頻度の高い通院・在宅精神療法再診30分未満が20点引き下げられた。30分以上は40点のプラスとなったが(表8)、患者数に応じた診療時間から見て減収を免れる診療所は少ないだろう。今回の改定で新設された認知療・認知行動療法420点は、一連の治療計画を策定し、患者に詳細な説明を行ったうえで30分以上診察した場合に算定できる。一連の治療につき16回が限度で、同一日の他の精神科専門療法との併算定はできない。同療法は精神科を標榜 ...続きを読む
開業医が在宅医療に乗り出すにあたり失敗しないためには、患者単価とペイラインを把握し、収支シミュレーションを実施したうえで取り組むことがポイントといえる。数多くの診療所の事務長を務め、“在宅医療経営のプロ”といわれる中村哲生氏(オーシン株式会社代表取締役)に、今回の診療報酬改定を踏まえて在宅医療の現状や将来像を聞くとともに、具体的な経営手法を解説してもらった。【今次改定の特徴と同時改定の行方】往診料が70点アップ看取りで点数の2分化も今回の診療報酬改定では、ネットでプラス0.19%という乏しい財源のなか ...続きを読む
●在宅医療  晴当面は診療報酬で優遇 介護との連携が課題在宅医療のニーズは今後、ますます高くなるだろう。超高齢社会到来の一方で、療養型病院の減少や急性期病院の在院日数短縮の影響で、療養目的の入院から締め出される高齢患者が急増し、続々と在宅に移行している。在宅医療は医療政策の流れともマッチしており、当面は診療報酬でも優遇されるのではないか。ただし、在宅医療における24時間対応は1人医師体制では難しく、今後はグループ診療や開業医同士の連携によって、複数医師で対応する診療所が増えるだろう。表3で、訪問診療 ...続きを読む
◆小規模多機能型居宅介護の新設2005年の介護保険制度の改正で、新たなサービスの類型として誕生した「小規模多機能型居宅介護」。「通う」「泊まる」「住む」「訪問する」といった小規模ながら多様なサービスを提供してきた小規模多機能型施設には様々な形態があって、そこに明確な定義は存在しなかった。一般的に宅老所やグループホームが、24時間体制の訪問介護サービスやショートステイやデイサービスを付加したものを小規模多機能型施設と呼ぶことが多かったようだが、前述の制度改正で「地域密着型サービス」が創設され、「小規模多 ...続きを読む
|<<最初  <前の10件    

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る