Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 最新記事一覧

全 57 件
    次の10件>  最終>>|
POINT(1)セカンドコール体制で医師の負担軽減を図る当番医によるバックアップ体制があることで、主治医の心身の負担を減らすことにつながる。(2)先手を打った対応で往診を少なくする何事も早めの対応で悪くなりそうな芽を摘んでおくことが、土日祝や夜間の急な対応を減らしている。(3)それぞれの患者と家族に寄り添う診療で安心を提供在宅医療は病気を治すことよりも、病気をコントロールしながらうまくつき合っていくことが重要という意識を法人全体で共有。コール体制の整備で医師の負担軽減を図る在宅療養支援診療所として大 ...続きを読む
無用な警察介入をどう減らすべきか救命救急とリビングウィルの整合性も必要にどこまで救急搬送をするのか多職種で真剣に考えるべき看取り搬送という言葉がある。自宅で看取ろうとされていたが、ぎりぎりになってあわてた家族などが緊急搬送してしまう。結果、病院到着時には死亡している場合がある。長尾クリニック院長の長尾和宏氏が在宅で診ていた95歳の男性の状態がおかしいと連絡がきた。30分ぐらい待っていてと返答したが、その後また家族から連絡が。近くの親戚が救急車を呼び、今搬送中だという内容だった。救急車内で救命措置が行 ...続きを読む
【1つの病院提携】在宅医療と急性期病院の“1つの病院連携”の有効性医療法人青燈会小豆畑病院 病院長 小豆畑 丈夫 氏1つの病院の医師・スタッフとのイメージで1人の患者を治療小豆畑病院病院長の小豆畑丈夫氏は、自らが茨城県で実施している「在宅と救急の1つの病院連携」について報告した。小豆畑氏がいう在宅と救急の1つの病院連携とは何か。例えば、重度の糖尿病患者が入院して胃がんの手術をしなくてはならないとする。病院では内科、外科、糖尿病科の医師たちが一緒になって患者を診る。それぞれの医師が協力して手術を実施し、退院 ...続きを読む
救急医療とのあるべき連携とは地域包括ケアシステムが機能するためには、在宅医療の充実が不可欠だ。一方で、在宅医療患者の急変憎悪に生じる救急医療との連携の問題も浮き彫りとなる。日本在宅救急研究会は、在宅医療と救急医療に関わるスタッフが同じテーブルについて課題を共有するために発足。7月22日に開催されたシンポジウムでは、在宅・救急医療の双方の立場からどうあるべきかが論議された。【救急医の立場から】在宅医療と救急医療の連携で浮き彫りとなる問題点帝京大学救急医学救命救急センター 教授 石川 秀樹 氏在宅と救急 ...続きを読む
2015年に初めて減少へと転じた「在支診」の数今年4月12日に開催された中医協総会では、「在宅医療」(訪問診療)をテーマにした二度目の議論が行なわれた。そこでの議論は大きく分けて、(1)在宅医療提供体制の確保(安心して身近な地域において療養できる地域包括ケアシステムの構築推進)(2)看取りを含めた在宅医療の充実(多様化する療養に関するニーズの対応や看取りを支える在宅医療の推進)-の2つの視点からなる。まだ4月の時点で、「在宅医療」に係る議論が二回にも及んでいるのは、厚生労働省にとっても2018年診療報酬・介護 ...続きを読む
【講演2】地域でつなぐその人の選択と心構えアドバンス・ケア・プランニングとは何か国立研究開発法人国立長寿医療研究センター医師 西川 満則 氏(エンドオブライフ・ケア協会相談役)前もって意思表明する機会が準備される地域国立研究開発法人国立長寿医療研究センター医師の西川満則氏は、医療選択だけではなく、気がかりなこと、譲れないことなどを前もって意思表明する機会が準備されている地域像について語った。それはアドバンス・ケア・プランニング(ACP)と呼ばれている。アドバンスとは「前もって」、ケアとは「人生の最終段 ...続きを読む
【対談】死別後のつながり-死の前後をつなぐものとは何かモデレーター:長尾和宏氏(エンドオブライフ・ケア協会理事)戸松義晴氏(増上寺塔頭 心光院住職)金子稚子氏(ライフ・ターミナル・ネットワーク代表)金子稚子氏の夫・金子哲雄氏は、がんの一種である肺カルチノイドを発症し、1年半の闘病後2012年10月2日に逝去した。その死の前後から、多くの人とのつながりが生まれた。病気発覚時には死を覚悟 医療の非情さを知った金子 私は医療、宗教とは全く関係のない仕事をしていたが、夫の病気が分かったときには次の瞬間窒息死をす ...続きを読む
4月22日、東京・虎の門でエンドオブライフ・ケア協会設立2周年シンポジウムが開催された。従来機能していたコミュニティは高齢化などにより、つながりが希薄化し、孤立する人が増えていく。超高齢少子化多死時代を迎えようとする現在、エンドオブライフにおける「人のつながり」がテーマとなった。【講演1】社会環境が変動する中で急性期病院とどう付き合うかみその生活支援クリニック院長 小野沢 滋 氏(エンドオブライフ・ケア協会理事)みその生活支援クリニック院長の小野沢滋氏は、まず自らが勤務していた病院のある市町村の、年齢別 ...続きを読む
厚生労働省は10日、各都道府県が2025年の医療提供体制を示した「地域医療構想」の分析結果を公表した。構想は複数の市町村で構成する全国341の区域ごとに推進。その約8割に当たる270区域で、長期療養向けの入院ベッドが2015年度より減る見通しだ。入院の必要性が低い高齢の患者を在宅医療に移す流れを加速させるという。構想は、団塊の世代が全て75歳以上になる25年を前に、効率的な提供体制を整えるのが目的。在宅医療を推進して医療費の膨張を抑える狙いもある。15年度より長期療養向けベッドが減る見通しの区域は、訪問診療や介護サー ...続きを読む
神奈川県横須賀市は4月19日、在宅療養を支えるガイドブック「ときどき入院・入所 ほぼ在宅」を作製したと発表した。市民が安心して在宅療養を選択できる町づくりを進めるのが狙いで、4年ぶり2回目となる。ガイドブックは、在宅療養生活を具体的に紹介。デイサービスやショートステイに関連したサービス内容と、在宅療養を体験した場合のエピソードなどを掲載した。横須賀市医師会は、医師向けに「在宅医療ハンドブック~在宅医療のはじめ方・すすめ方~」を発行している。在宅医療に対する不安を解消し、気軽に始めてもらうのが目的。介 ...続きを読む
    次の10件>  最終>>|

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る