Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 最新記事一覧

全 5,181 件
 厚生労働省はこのほど「平成18年度における保険医療機関等の指導及び監査の実施状況」を公表した。 平成18年度に、保険医療機関等から診療報酬の返還を求めた額は、約53億4千万円で、昨年より7億2000万円の減少となっている。主な減少の要因としては、平成17年度に比べ、大規模な不正請求の事例が減少したためとしている。 取消しの状況についても、平成17年度より減少しており、医科や薬局に対して歯科の取消し件数比率が高く、架空請求・付増請求・振替請求・二重請求が不正内容のほとんどを占めているのが特徴。また、無資格者によ ...続きを読む
 厚生労働省はこのほど、都道府県などの介護保険主管課宛てに、看護師確保に向けて都道府県ナースセンターの看護職員無料職業紹介事業などを積極的に活用するよう求める通知を出した。 平成18年の介護報酬改定では、介護老人福祉施設等に「重度化対応加算」、短期入所生活介護等に「夜間看護体制加算」が設けられた。重度化対応加算等の算定要件には、「常勤の看護師を1名以上配置し、看護に係る責任者を定めていること」とある。経過措置として、平成20年3月31日までは准看護師でもよいことになっているが、経過措置の終了に伴って ...続きを読む
日本産婦人科学会が12月15日に、周産期医療提供体制の危機的状況を打開するための声明を公表した。 声明によると、今回の診療報酬改定において、産科、小児科医療に対する重点的評価を実施することになっていることから、高次周産期医療を提供する病院で現に産科、小児科医療に従事している(1)勤務医の負担軽減(2)待遇改善―について、明確に示すよう要望している。また、高次周産期医療を提供している病院は、地域周産期医療の緊急的確保のために、現場の産婦人科医、新生児科医、麻酔科医の勤務条件の改善に努め、救急対応への適正 ...続きを読む
政府・与党は12月13日に平成20年度予算編成大綱を公表した。平成20年度予算編成を行うにあたっては、基本方針に「活力ある社会を持続するための施策の展開」を掲げ、その中で医療分野での取組み内容を示している。 具体的には、国民の医療に対する安心と信頼を確保するため、(1)緊急医師確保対策(2)へき地医療(3)救 ...続きを読む
文部科学省が12月13日に公表した、「緊急医師確保対策」に基づく平成20年度からの医学部の定員増に関する報道発表資料。資料では、公立6大学から定員増を行う届出があったことが示されている。具体的には、札幌医科大学、福島県立医科大学、横浜市立大学、京都府立医科大学、奈良県立医科大学、和歌山県立医科大学の6大学と ...続きを読む
国立社会保障・人口問題研究所が実施した出生動向基本調査の「結婚と出産に関する全国調査(独身者調査)」の結果概要。この調査は、全国の18歳以上50歳未満の独身者を対象とし、平成17年6月1日現在の事実について調査している。調査結果によると、「いずれは結婚しよう」と考える未婚者の割合は、近年微減の傾向にあったが、前回調査(2002年)以降下げ止まりが見られ、男女とも9割程度で推移している。しかし、結婚を先のばしにする意識は継続しており、一年以内の結婚について「まだ結婚するつもりはない」と回答した未婚者が、女性の2 ...続きを読む
国立社会保障・人口問題研究所が実施した出生動向基本調査の「結婚と出産に関する全国調査(独身者調査)」の結果概要。この調査は、全国の18歳以上50歳未満の独身者を対象とし、平成17年6月1日現在の事実について調査している。調査結果によると、「いずれは結婚しよう」と考える未婚者の割合は、近年微減の傾向にあったが、前回調査(2002年)以降下げ止まりが見られ、男女とも9割程度で推移している。しかし、結婚を先のばしにする意識は継続しており、一年以内の結婚について「まだ結婚するつもりはない」と回答した未婚者が、女性の2 ...続きを読む
国立社会保障・人口問題研究所が実施した出生動向基本調査の「結婚と出産に関する全国調査(独身者調査)」の結果概要。この調査は、全国の18歳以上50歳未満の独身者を対象とし、平成17年6月1日現在の事実について調査している。調査結果によると、「いずれは結婚しよう」と考える未婚者の割合は、近年微減の傾向にあったが、前回調査(2002年)以降下げ止まりが見られ、男女とも9割程度で推移している。しかし、結婚を先のばしにする意識は継続しており、一年以内の結婚について「まだ結婚するつもりはない」と回答した未婚者が、女性の2 ...続きを読む
国立社会保障・人口問題研究所が実施した出生動向基本調査の「結婚と出産に関する全国調査(独身者調査)」の結果概要。この調査は、全国の18歳以上50歳未満の独身者を対象とし、平成17年6月1日現在の事実について調査している。調査結果によると、「いずれは結婚しよう」と考える未婚者の割合は、近年微減の傾向にあったが、前回調査(2002年)以降下げ止まりが見られ、男女とも9割程度で推移している。しかし、結婚を先のばしにする意識は継続しており、一年以内の結婚について「まだ結婚するつもりはない」と回答した未婚者が、女性の2 ...続きを読む
国立社会保障・人口問題研究所が実施した出生動向基本調査の「結婚と出産に関する全国調査(独身者調査)」の結果概要。この調査は、全国の18歳以上50歳未満の独身者を対象とし、平成17年6月1日現在の事実について調査している。調査結果によると、「いずれは結婚しよう」と考える未婚者の割合は、近年微減の傾向にあったが、前回調査(2002年)以降下げ止まりが見られ、男女とも9割程度で推移している。しかし、結婚を先のばしにする意識は継続しており、一年以内の結婚について「まだ結婚するつもりはない」と回答した未婚者が、女性の2 ...続きを読む

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る