Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 最新記事一覧

全 5,250 件
 日本産婦人科学会は3月25日に、「緊急的産婦人科医確保が必要な医療機関の調査」の結果をとりまとめ、公表した。 調査結果によると、「緊急派遣が行われることを前提として、どうしても医師派遣が必要な病院」は110施設だった。また、都道府県別の具体的な病院名が掲載されている。最も多かったのは、大阪府の9施 ...続きを読む
 厚生労働省、総務省、文部科学省が共同で3月25日に開催した「地域医療に関する関係省庁連絡会議」で配布された資料。この日は、「産科医療機関調査(厚労省)」を踏まえた対応などについて議論が行われた。 資料によると、平成20年1月以降に分娩の休止・制限が実施または予定されている医療機関は77施設だった。連絡会議では、このうち産科医療機関の集約化に伴う休止が8医療機関、近隣医療機関で対応可能な62医療機関があったことから、残り7医療機関への対応策を提示した。また、従来からの産科休止医療機関への対応案も ...続きを読む
 厚生労働省が3月24日に開催した「がん検診事業の評価に関する委員会」で配布された資料。この日は、今後の我が国におけるがん検診事業評価のあり方についての報告書(案)が提示された。 報告書案には、別添資料として(1)がん検診の受診率の推計方法(2)市町村事業におけるがん検診の対象者の計算方法(3)がん検診事業評価指標値の設定及び活用方法(4)事業評価のためのチェックリスト―等が添付されている。 市町村事業におけるがん検診の対象者数については、これまで市町村が独自に行ってきたが、算定方法を全国統一的 ...続きを読む
 厚生労働省が3月24日に開催した「看護基礎教育のあり方に関する懇談会」で配布された資料。この日は、関係者3名からヒアリングが行われた。 資料では、(1)看護師に求めるもの、急性期病院での現状と課題等(社会保険小倉記念病院長)(2)未来の看護職員に求められる資質と基礎教育―臨床現場の立場から(北野病院看護部長)(3)急性期医療等の観点、助産師の立場から(杏林大学医学部付属病院看護部長)―についてまとめたものが提示されている。 社会保険小倉記念病院の延吉院長は、看護師に求めるものとして、「第一に患者 ...続きを読む
 総務省消防庁が3月24日に開催した、都道府県等メディカルコントロール協議会担当課長会議で配布された資料。この日は、消防機関と医療機関の連携に関する作業部会の中間報告などが行われた。 中間報告では、消防機関と医療機関の連携について、救急医療情報システムの活用状況や活用するための改善点が示されている。 また、医療機関選定における消防機関と医療機関の連携では、平成20年度新規補助事業として救急患者受入コーディネーターを全都道府県に配置できるだけの予算を確保したことや、その役割などを明示した。 さらに ...続きを読む
 厚生労働省は3月24日に、保健師助産師看護師国家試験の改善事項をとりまとめ、公表した。 保健師、助産師、看護師の国家試験については、保健師助産師看護師国家試験制度改善部会において、平成19年10月より検討を行ってきた。 報告書には、改善すべき事項として(1)看護師国家試験(2)保健師国家試験(3)助産師国家試験(4)各国家試験に共通した事項(5)国家試験の出題基準―が示されている。看護師国家試験については、現時点では禁忌肢は導入せず、同様の趣旨を問う問題の出題を強化するとした。 また、今後検討 ...続きを読む
 総務省が3月21日に開催した「遠隔医療の推進方策に関する懇談会」の初会合で配布された資料。この懇談会では、地方において医師不足が指摘されている状況を踏まえて、地域医療の充実に資する遠隔医療技術の活用方法とその推進方策について検討を行い、総務大臣と厚生労働大臣の共同懇談会として開催されている。 この ...続きを読む
 厚生労働省が3月21日に開催した「救急医療用ヘリコプターの導入促進に係る諸課題に関する検討会」で配布された資料。この日は、同検討会の報告書素案を修正したものが示された。 前回の検討会では、「ドクターヘリの配備先として、行政的な優先度からはアクセスの悪いところを考えざるを得ない」という意見が提示され ...続きを読む
 総務省が3月21日に開催した「救急業務高度化推進検討会」で配布された資料。この日は、消防庁が3月11日に公表した救急搬送における医療機関の受入状況等実態調査の結果が示された。 調査結果から、2次以下の救急医療機関において受入ができなかった多数の事案について、3次救急医療機関に受入要請がされ、3次救急医療機関が「ベッド満床」、「手術中・患者対応中」を主な理由として受入できないと回答している実態がみてとれる、と分析している。 その他、(1)トリアージ作業部会報告書(案)(2)消防機関と医療機関の連 ...続きを読む
 東京都福祉保健局は3月21日に、東京都の認定がん診療病院とがん診療連携拠点病院を公表した。 資料によると、東京都は、広く都民に高度ながん医療を提供するために、国が指定するがん診療連携拠点病院と同等の高度な診療機能を持つ病院として、「東京都認定がん診療病院」を都独自に認定したとしている。 東京都認定がん診療病院には、東京慈恵会医科大学附属病院、東京都済生会中央病院、昭和大学などの、10ヵ所が認定された。 また、国が指定する都道府県がん診療連携拠点病院には、東京都都立駒込病院と財団法人癌研究会有明 ...続きを読む

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る