Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 最新記事一覧

全 1,749 件
|<<最初  <前の10件    
 厚生労働省はこのほど高齢者医療制度に関するQ&Aの追加資料を公表した。Q&Aは高齢者医療制度を運営する広域連合を設置する自治体から寄せられた質問に対して回答する形式で、「保険料関連」「財政関連」「保健事業関連」などに分けて示されている。 保険料関連では、保険料徴収や低所得者に対する保険料軽減などの具体 ...続きを読む
 東京都は1月8日に、平成18年度の国民健康保険料の収納率を公表した。 平成18年度の国保収納率は86.71%で、2年連続で対前年比増だった。一方、滞納額は1400億円を超えており、赤字補填のため区市町村が投入した一般会計からの繰入金は、1230億円に上るとしている。 資料には、(1)平成18年度の成果(2)平成19年度の新 ...続きを読む
 厚生労働省がこのほど開催した、全国健康保険協会設立委員会で配布された資料。この日は、全国健康保険協会の設立に向けて議論された。 資料では、(1)保健事業の在り方と展望について(2)全国健康保険協会の事業計画の骨子(検討のための素材)―が提示されている。 事業計画の骨子では、業務・サービス関係として、「サービスの向上」「保健事業の推進」「医療費の適正化の推進」「業務の効率化等」に取り組むとして、具体的な方策が示されている。この中で、任意継続被保険者の保険料を、口座振替やインターネット等を活用した電 ...続きを読む
国立社会保障・人口問題研究所が実施した出生動向基本調査の「結婚と出産に関する全国調査(独身者調査)」の結果概要。この調査は、全国の18歳以上50歳未満の独身者を対象とし、平成17年6月1日現在の事実について調査している。調査結果によると、「いずれは結婚しよう」と考える未婚者の割合は、近年微減の傾向にあったが、前回調査(2002年)以降下げ止まりが見られ、男女とも9割程度で推移している。しかし、結婚を先のばしにする意識は継続しており、一年以内の結婚について「まだ結婚するつもりはない」と回答した未婚者が、女性の2 ...続きを読む
国立社会保障・人口問題研究所が実施した出生動向基本調査の「結婚と出産に関する全国調査(独身者調査)」の結果概要。この調査は、全国の18歳以上50歳未満の独身者を対象とし、平成17年6月1日現在の事実について調査している。調査結果によると、「いずれは結婚しよう」と考える未婚者の割合は、近年微減の傾向にあったが、前回調査(2002年)以降下げ止まりが見られ、男女とも9割程度で推移している。しかし、結婚を先のばしにする意識は継続しており、一年以内の結婚について「まだ結婚するつもりはない」と回答した未婚者が、女性の2 ...続きを読む
国立社会保障・人口問題研究所が実施した出生動向基本調査の「結婚と出産に関する全国調査(独身者調査)」の結果概要。この調査は、全国の18歳以上50歳未満の独身者を対象とし、平成17年6月1日現在の事実について調査している。調査結果によると、「いずれは結婚しよう」と考える未婚者の割合は、近年微減の傾向にあったが、前回調査(2002年)以降下げ止まりが見られ、男女とも9割程度で推移している。しかし、結婚を先のばしにする意識は継続しており、一年以内の結婚について「まだ結婚するつもりはない」と回答した未婚者が、女性の2 ...続きを読む
国立社会保障・人口問題研究所が実施した出生動向基本調査の「結婚と出産に関する全国調査(独身者調査)」の結果概要。この調査は、全国の18歳以上50歳未満の独身者を対象とし、平成17年6月1日現在の事実について調査している。調査結果によると、「いずれは結婚しよう」と考える未婚者の割合は、近年微減の傾向にあったが、前回調査(2002年)以降下げ止まりが見られ、男女とも9割程度で推移している。しかし、結婚を先のばしにする意識は継続しており、一年以内の結婚について「まだ結婚するつもりはない」と回答した未婚者が、女性の2 ...続きを読む
国立社会保障・人口問題研究所が実施した出生動向基本調査の「結婚と出産に関する全国調査(独身者調査)」の結果概要。この調査は、全国の18歳以上50歳未満の独身者を対象とし、平成17年6月1日現在の事実について調査している。調査結果によると、「いずれは結婚しよう」と考える未婚者の割合は、近年微減の傾向にあったが、前回調査(2002年)以降下げ止まりが見られ、男女とも9割程度で推移している。しかし、結婚を先のばしにする意識は継続しており、一年以内の結婚について「まだ結婚するつもりはない」と回答した未婚者が、女性の2 ...続きを読む
国立社会保障・人口問題研究所が実施した出生動向基本調査の「結婚と出産に関する全国調査(独身者調査)」の結果概要。この調査は、全国の18歳以上50歳未満の独身者を対象とし、平成17年6月1日現在の事実について調査している。調査結果によると、「いずれは結婚しよう」と考える未婚者の割合は、近年微減の傾向にあったが、前回調査(2002年)以降下げ止まりが見られ、男女とも9割程度で推移している。しかし、結婚を先のばしにする意識は継続しており、一年以内の結婚について「まだ結婚するつもりはない」と回答した未婚者が、女性の2 ...続きを読む
|<<最初  <前の10件    

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る