Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 最新記事一覧

全 10 件
本稿で前回、「電子版」お薬手帳を導入している薬局は約34.9%で「予想以上に高い数字」と書きましたが、厚生官僚はそうは考えておらず、約7割以上が導入していない実態に対し、忸怩たる思いがあるようです。同省は2016年3月31日に「電子処方せんの運用ガイドライン」を公表しましたが、同ガイドラインの趣旨には「処方せんの電子化は、医療機関と薬局の連携や服薬管理の効率化等に資するだけでなく、電子版お薬手帳との連携により、患者自らが服薬等の医療情報の履歴を電子的に管理し、健康増進への活用(ポータルサービス)の第一歩にな ...続きを読む
「患者が服用している医薬品に関する情報の収集手段」としては、厚生労働省のアンケート調査結果にもあるように、当薬局でも「お薬手帳の活用」と「患者・家族への質問等」、「処方せんに印字、記載された情報」がほとんどになります。 ...続きを読む
徐々に「患者のための薬局ビジョン」で示されたような地域連携の取り組みを進めていきたいと考えているのですが、どのような取組みをしたらよいですか?ご指導下さい。 ...続きを読む
「患者のための薬局ビジョン」実現のためのアクションプラン検討委員会が、KPI(Key Performance Indicator)の中で、「かかりつけ薬剤師としての役割を発揮出来る薬剤師を配置している薬局数」を評価しうる指標を設定したと聞きました。KPIで示された指標の内容を教えて下さい。 ...続きを読む
厚生労働省は2018年3月、「かかりつけ薬剤師・薬局」の推進に関する指標を中心に、薬剤師・薬局の現状について把握・分析すること等を目的とした、薬局及び患者を対象にしたアンケート調査を実施し、その結果を発表しました。調査期間は2017年11月22日から2018年2月9日で、2018年3月に調査結果が厚生労働省のホームページ上にUPされています。薬局の場合、調査対象は都道府県毎に無作為抽出した5,000薬局で有効回答数は46.3%(2,315件)。うち法人による経営が88.6%。同一経営主体による薬局店舗数が「50店舗以上」の薬局が約22.6%を ...続きを読む
実際に日本の調剤薬局で、「電子版お薬手帳」導入を実現しているのは、どの位の割合に及ぶのかを教えて下さい。また、導入に向けての最大の課題は、どこにあるのでしょうか? ...続きを読む
「健康サポート薬局」に近い考え方として、地方において独自の「セルフメディケーション支援薬局」を認定する動きがあるようですが、どのような仕組みなのか教えて下さい。 ...続きを読む
「健康サポート薬局」の届出に際し、地域の連携体制構築の中で、当該薬局の連携先・紹介先のリスト作成が求められていますが、連携・協力を依頼する病院や診療所、他薬局に対して、私たちの薬局が個別に了解を得る必要があるのですか? ...続きを読む
薬局勤務経験5年以上の女性薬剤師が1名だけおりますが、その薬剤師は“常駐”しているものの“常勤”ではありません。非常勤の薬剤師でも「健康サポート薬局」の基準を満たすことは出来るのでしょうか? ...続きを読む
来年4月に実施される診療報酬改定は、強硬な引き下げを要求する財務省と、プラス改定を要望する日本医師会や、族議員の後押しを受けた厚生労働省との間での“綱引き”が続いています。中医協ウオッチャーの医療ジャーナリスト・B氏によると、「来年度の改定は全体でマイナスの可能性が高い。近年、改定のたびに薬価は引き下げられてきたものの診療報酬本体は僅かなプラス改定を維持してきたが、来年は診療報酬本体・薬価の何れもマイナス改定になるのは間違いない」と語っています。しかも一番、メスが入るのは「調剤報酬、特に門前薬局に ...続きを読む

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る