Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 最新記事一覧

全 1,340 件
    次の10件>  最終>>|
国立感染症研究所は10月16日、「感染症週報2017年第39週(9月25日~10月1日)」を公表した。咽頭結膜熱の定点当たり報告数は0.41となり、前週の0.38から増加に転じ、過去5年間の同時期と比べてかなり多い。都道府県別では、北海道(1.61)、宮崎県(1.47)、鹿児島県(1.28)の順に多かった(p6参照)(p9参照)。A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の定点当たり報告数は1.53で、前週の1.20から増加し、過去5年間の同時期と比べてやや多い。都道府県別では、鳥取県(4.26)、福岡県(2.61)、北海道(2.39)の順に多かった(p6参照)(p9参照)。感染性胃 ...続きを読む
厚生労働省は10月13日、2017年第40週(10月2日~10月8日)におけるインフルエンザの発生状況を発表した。定点当たり報告数は0.21人(患者数1,047人)で、前週と同値だった。都道府県別で報告数が多かったのは、沖縄県6.12人、長崎県0.43人、山口県0.34人の順(p2~p3参照)。基幹定点からのインフルエンザ患者の入院報告数は23例(p6参照)。一方、全国の保育園、幼稚園、学校の休校、学年閉鎖、学級閉鎖を把握する「インフルエンザ様疾患発生報告」によると、患者数は228人で前週より117人増加。休校は1施設(前週比1施設増)、学年閉鎖は3施 ...続きを読む
厚生労働省と都道府県および市区町村は、10月16日から10月22日まで、「第65回精神保健福祉普及運動」を実施する。全国各地において、精神保健福祉への理解促進、知識の普及および、精神障害の発生予防、精神的健康の保持・増進などを目的に取り組みを展開する。具体的には、滋賀県大津市において「第65回精神保健福祉全国大 ...続きを読む
国立感染症研究所は10月6日、「感染症週報2017年第38週(9月18日~9月24日)」を公表した。咽頭結膜熱の定点当たり報告数は0.38となり、前週の0.46から2週連続で減少した。都道府県別では、宮崎県(1.56)、鹿児島県(1.26)、鳥取県(1.21)の順に多かった(p5参照)(p8参照)。A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の定点当たり報告数は1.20で、前週の1.54から減少した。都道府県別では、鳥取県(3.16)、福岡県(2.53)、山形県(2.34)の順に多かった(p5参照)(p8参照)。感染性胃腸炎の定点当たり報告数は2.60で、前週の3.29から3週連続で減少。都道 ...続きを読む
厚生労働省は10月6日、2017年第39週(9月25日~10月1日)におけるインフルエンザの発生状況を発表した。定点当たり報告数は0.21人(患者数1,021人)で、前週の0.18より増加した。都道府県別で報告数が多かったのは、沖縄県6.59人、宮城県0.44人、広島県0.31人の順(p2~p3参照)。基幹定点からのインフルエンザ患者の入院報告数は23例(p6参照)。一方、全国の保育園、幼稚園、学校の休校、学年閉鎖、学級閉鎖を把握する「インフルエンザ様疾患発生報告」によると、患者数は111人で前週より25人増加。休校は0施設(前週比増減なし)、学年閉鎖 ...続きを読む
健康保険組合連合会(健保連)が10月5日に公表した「平成27年度(2015年度)特定健診の『問診回答』に関する調査」によると、高血圧症、糖尿病、脂質異常症で投薬治療を受けている人は性別では男性、年齢階層別では70~74歳に多いことがわかった。 調査は健保連加入464組合の2015年度特定健診受診者339万5,199人を対象に、特定健診の問診表22項目の回答状況をまとめたもの(p1参照)。結果をみると、血圧を下げる薬を使用している人の割合は男性16.8%、女性8.9%。インスリン注射または血糖を下げる薬の服用は男性5.2%、女性1.7%、 ...続きを読む
総務省は9月29日、2017年8月分の「家計調査報告(2人以上の世帯)」の速報を公表した。1世帯当たりの消費支出は、前年同月比で名目1.4%増・実質0.6%増にあたる28万320円で、2カ月ぶりの実質増加となった(p1参照)(p2参照)。消費支出のうち「保健医療」は、名目5.7%減・実質7.4%減にあたる1万2,190円で、2カ月連続の実質 ...続きを読む
国立感染症研究所は9月29日、「感染症週報2017年第37週(9月11日~9月17日)」を公表した。 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の定点当たり報告数は1.54(前週1.45)で第34週以降増加が続いており、過去5年間の同時期と比べてやや多い。都道府県別では、鳥取県(3.84)、福岡県(2.64)、北海道(2.41)の順に多かった(p5参照)(p8参照)。咽頭結膜熱の定点当たり報告数は0.46(前週0.51)で減少したが、過去5年間の同時期と比べてやや多い。都道府県別では、鹿児島県(1.80)、宮崎県(1.42)、北海道(1.26)の順に多かった(p5参照)(p8参照) ...続きを読む
厚生労働省は9月29日、2017年第38週(9月18日~9月24日)におけるインフルエンザの発生状況を発表した。定点当たり報告数は0.18人(患者数894人)で、前週の0.22より減少した。都道府県別で報告数が多かったのは、沖縄県5.02人、宮城県0.40人、広島県0.37人の順(p2~p3参照)。基幹定点からのインフルエンザ患者の入院報告数は12例(p6参照)。一方、全国の保育園、幼稚園、学校の休校、学年閉鎖、学級閉鎖を把握する「インフルエンザ様疾患発生報告」によると、患者数は86人で前週より331人減少。休校は0施設(前週比2施設減)、学年閉鎖は2 ...続きを読む
国立感染症研究所は9月22日、「感染症週報2017年第36週(9月4日~9月10日)」を公表した。A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の定点当たり報告数は1.45(前週1.22)で3週連続増加し、過去5年間の同時期(前週、当該週、後週)と比べてやや多い。都道府県別では、鳥取県(4.00)、山形県(3.07)、福岡県(2.40)の順に多かった(p6参照)(p9参照)。流行性耳下腺炎の報告数はの定点当たり報告数は0.37(前週0.36)で増加した。都道府県別では、鹿児島県(1.76)、大分県(1.31)、岩手県(1.30)の順に多かった(p6参照)(p12参照)。手足口病の定点当た ...続きを読む
    次の10件>  最終>>|

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る