Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 最新記事一覧

全 351 件
    次の10件>  最終>>|
今回の介護報酬改定で、入居者の身体拘束に関し減算されると聞きましたが、どのようになるのでしょうか。 ...続きを読む
2018年度改定で配置医師が早朝、夜間、深夜に入居者に診療を行った場合に評価されると聞きました。内容について教えてください。 ...続きを読む
介護老人保健施設「あいの郷」は、「在宅強化型老健」として通所・訪問リハビリテーションや訪問介護などのサービスを提供。70人規模の通所リハの実施など、地域の在宅生活を支える拠点となっている。老健の原点に立ち返り充実したリハビリを提供埼玉県羽生市の介護老人保健施設「あいの郷」は1997年、羽生総合病院を運営する「埼玉医療生活協同組合」によって設立された。管理者の岡田耕市医師は、「老健が生き残るには、老健本来の目的に立ち返ることが大切です。そのため当施設ではリハビリテーションを最も重要視し、多くの利用者様の ...続きを読む
【講演3】2018年度診療報酬改定の原点は社会保障制度改革国民会議報告書前中央社会保険医療協議会委員 地域医療機能推進機構東京山手メディカルセンター院長 万代 恭嗣 氏2018年度診療報酬改定は40年以降への基礎作り地域医療機能推進機構東京山手メディカルセンター院長の万代恭嗣氏は「2018年度診療報酬改定と今後の方向性‐急性期入院医療を中心として‐」と題して、2018年度改定を振り返った。厚生労働省保険局医療課長の迫井正深氏は「2018年度診療報酬改定の原点は社会保障制度改革国民会議報告書(2013年)である」と発言したという ...続きを読む
【講演2】基幹型病院と地域密着型病院の機能分化へ医療と経営が両立するマネジメントが急務日本病院会会長 社会医療法人財団慈泉会理事長 相澤 孝夫 氏健康問題と同等以上に生活問題への取り組み必要日本病院会会長で社会医療法人慈泉会理事長・相澤病院院長の相澤孝夫氏は、「病院の明るい未来をつくるために‐これからの病院経営の在り方‐」について講演した。「年を取るにつれて全ての人に例外なくさまざまな身体的変化が生ずる。それは生理機能の低下、高齢により好発する疾患、好ましくない生活習慣、運動量の低下と相まって、環境の ...続きを読む
大方の予想に反してプラス改定となった2018年度診療報酬改定・介護報酬改定は、2020年以降の医療介護福祉提供体制を方向づけた。さる2日、千里ライフサイエンスセンターで開かれた「医療経営ステップアップフォーラムin大阪」(大成建設・医療タイムス社共催)には、関西地区の医療関係者100人超が出席。研究者、病院経営者、政府委員から同時改定の読み方が多様に示された。【講演1】社会福祉法人は高利益率である必要財源確保へ課税を検討せよキヤノングローバル戦略研究所研究主幹 松山 幸弘 氏先進諸国に比べ特殊性が目立つ日本の公 ...続きを読む
医療依存度の高い方に対して、医療機関との連携による受け入れを評価する介護報酬が出来ると言うので期待しています。どのような報酬項目になるのか教えて下さい。 ...続きを読む
「終末期医療に関するガイドライン」は医療機関だけでなく、私たち介護福祉施設等にも適用されるのですか? ...続きを読む
介護ロボットで夜勤職員数を緩和ここでいう介護ロボットとは、センサー装置付き見守り機器のことだ。特別養護老人ホームなどの夜勤職員配置加算について、業務の効率化等を図る観点から、見守り機器の導入により効果的に介護が提供できる場合について見直しを行う。ただし見守り機器が人手による介護を代替することはできない。これらの最新機器を使いこなすための知識や介護環境づくりなどと合わせて導入しなければ、職員を減らしたことで夜間帯のリスクは増すため、慎重な対応が求められている。そのための委員会設置が義務となる。◇夜 ...続きを読む
在宅ときどき入院を実現するための取り組み(1)リハビリテーションに関する医師の関与の強化訪問と通所(デイケア)のリハビリテーションマネジメントについて、医師の詳細な指示に基づくリハビリテーションの提供などを要件とした評価が設けられる。◇訪問リハビリテーション 現行・リハビリテーションマネジメント加算(I) 60単位/月・リハビリテーションマネジメント加算(II) 150単位/月◇改定後・リハビリテーションマネジメント加算(I) 230単位/月・リハビリテーションマネジメント加算(II) 280単位/月・リハビリテーショ ...続きを読む
    次の10件>  最終>>|

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る