Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 最新記事一覧

全 373 件
    次の10件>  最終>>|
高齢者にとって、入院をしたことで、それまで暮らしていた施設や自宅に戻れなくなる、という話は珍しいことではない。医療法人社団八千代会が開設したサービス付き高齢者向け住宅「メリィデイズ」は、「住み慣れた場所で最期まで」をかなえるために、入院後の生活も見据えたサービスを提供している。住み慣れた“家”に帰れるようリハビリに注力JR広島駅から車で30分程度の丘陵地帯にある西風新都は、1994年の広島アジア大会の開催を機に開発が行われた新都市。そこに、2018年3月に開設されたのが、サービス付き高齢者向け住宅「メリィデイ ...続きを読む
共生型生活介護、共生型通所介護などが創設されましたが、どのようなメリットがあるでしょうか。 ...続きを読む
【事例2】モニタリングレポートで認知症の早期発見 介護現場の革新機器導入は理念先行で推進長谷工グループ 生活科学運営計測データを解析し医師のコメントとともにレポート提供長谷工グループの株式会社生活科学運営は運営する自立型有料老人ホーム2棟で、睡眠センサーなどで入居者の健康をモニタリングするシステムを導入した。認知症の兆しやADLの低下を早期に発見して、自立生活の持続につなげることができる。健康意識の高い自立高齢者に向けての付加価値サービスとして位置付けている。導入したのはエコナビスタ株式会社が大阪市立 ...続きを読む
IoT機器やAI解析のほか、介護ロボットなどの最新機器を導入する動きが活発だ。しかし、補助金に頼って導入しても、現場に普及できなかったという失敗例もあるようだ。一方で、着実に成果を積み重ねている事業者もある。今回は開発や導入の現場を取材。その介護革新の可能性や、機器導入を成功させるためのポイントを探った。【事例1】住宅丸ごとをセンサーで見守り 自立支援プランの取り組みにつなげたいパナソニックAIデータ分析で自立支援計画づくりに活用各種のセンサー機器で居室や住宅を丸ごとモニタリングして自立支援につなげよう ...続きを読む
身体的拘束を行った場合の新しい3つの基準と未実施の場合のペナルティとはどのようなものがあるでしょうか。 ...続きを読む
厚生労働省が、介護事業者の介護保険外のサービスと組み合わせて提供できる範囲を拡大すると聞きましたが、どのような内容でしょうか。 ...続きを読む
ユニークな取り組みで、利用者の笑顔を引き出し、生きがいをサポートするデイサービスセンター「はた楽でい」。リハビリに楽しさもプラスして利用者の満足感を高めることで、家庭を穏やかにすることも意図している。講師を招いた教室、大学での講義、イベントなどを通じて、地域に笑顔を広げている。自分らしさを取り戻す楽しいリハビリを提供愛知県豊橋市は、自動車産業と農産物の生産額が全国トップクラスという、工業と農業が共存するまち。同市にある「デイサービスセンター はた楽でい」では、地域の人々を自然に巻き込みつつ、一味 ...続きを読む
未経験の中途採用者を面接等で見極めるポイントを教えて下さい。 ...続きを読む
今回の介護報酬改定で規制緩和が行なわれ、障害福祉の指定を受けた事業所でも基本的に、介護保険のサービスを提供出来るようになったと聞きました。その内容を教えて下さい。 ...続きを読む
【まとめ】介護医療院の円滑運営に不可欠な自治体・患者への説明と納得新たな介護施設として誕生した「介護医療院」。厚生労働省はさまざまな施策を通じて2018年度末で廃止される25対1医療療養病床や介護療養病床からの転換を後押ししているが、一方で自治体は介護保険財政の負担増への懸念などを背景に、必ずしも積極的ではない。転換する際には財政負担を懸念する自治体や自己負担増を迫られる患者・家族への十分な説明が求められそうだ。介護医療院への転換に国と自治体で温度差介護医療院は2019年3月末に全廃される介護療養病床からの ...続きを読む
    次の10件>  最終>>|

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る