Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 最新記事一覧

全 425 件
    次の10件>  最終>>|
2024年以降の医師の時間外労働については病院や診療所だけでなく「介護医療院」等の介護施設にも適用されるのでしょうか?その内容と併せて教えて下さい。 ...続きを読む
コミュニティホーム長者の森は2003年の開設以来、グループホームやデイサービス等の介護事業と保育事業の「共生」のスタイルを貫いている。同時に、このような取り組みを施設内だけで完結させるのではなく、地域に開き、地域とかかわることで入居者の新たな「活躍の場」を生み出すことにも力を注いでいる。「おじいちゃん、おばあちゃん先生」や、カフェや朝市での接客は、いきいきと暮らすきっかけづくりの好例だ。子どもたちとのふれあいが高齢者を笑顔に静岡県焼津市にあるコミュニティホーム長者の森は、1階にデイサービス(定員18人 ...続きを読む
厚生労働省が2019年3月28日に公表した「介護現場革新プラン」の内容について教えて下さい。同プランは基本的に、何を目指しているのでしょうか? ...続きを読む
社会福祉法人翔の会が運営する法人初の高齢者介護施設の特別養護老人ホームゆるりでは、それまでの障害者事業で培ってきた高い介護技術と、本人中心の視点を尊重する介護の考えを活かしている。さらに、児童発達支援センターや保育園がある複合支援施設にある特養として、障害者や子ども、高齢者など誰もが安心して暮らせる「共生社会」の実現をめざしている。障害者支援事業から参入「本人中心」の介護を提供社会福祉法人翔の会は、神奈川県茅ケ崎市内の障害者やその家族らの集まりである「むつみ会」を前身に、20年以上にわたり地域の障 ...続きを読む
2018年の診療報酬・介護報酬同時改定から、連携する医療機関もターミナルケアや看取り関連の診療報酬が算定可能になったと聞きました。 ...続きを読む
2018年度介護報酬改定で新設され、「医療と介護との連携」によりターミナルケアを進める「ターミナルケアマネジメント加算」を算定する場合、私たちはサービス担当者会議を招集する必要はないのでしょうか? ...続きを読む
社会福祉法人ひさの里は、北九州市八幡西区で特別養護老人ホームふじの木園を中心とする高齢者介護事業と障がい福祉サービス事業を展開している。同園は2016年から、ノーリフティングケアを「自施設の事業計画」として導入。腰痛の改善だけでなく、職員の定着にも効果を表し、「18年度北九州市魅力ある介護の職場づくり表彰」で最優秀賞を受賞した。腰痛の原因は日本式の抱えるケアにあり特別養護老人ホームふじの木園は2005年10月に開設され、88床(ショートステイ18床)のほか、デイサービス、居宅介護支援事業所を併設。利用者や家族、 ...続きを読む
「短時間正社員」の労働時間は、適用する社員の希望に応じて、事業所が恣意的に決定することができるのでしょうか?基本的な仕組みや運営の仕方について教えて下さい。 ...続きを読む
EPA(経済連携協定)に基づき、2020年から2名のインドネシア人介護福祉士候補者(女性)を受け入れる予定です。ムスリムの人たちの労働や生活環境で、特に配慮すべきポイントがあれば教えて下さい。 ...続きを読む
2009年12月の「ナーシングホームあい」開設を皮切りに、住宅型有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅を群馬県で展開している有限会社コスモス。手厚い看護体制で地域のニーズに応え続けてきた同社が、2012年3月に開設したのが「ナーシングホームあい暖(ぬくもり)」だ。医学的管理が必要な重度者の“駆け込み寺”として地域のより所となっている。地域貢献の一環として潜在看護師の復職を支援「ナーシングホームあい暖」は定員119人で、稼働率は常に95%以上。入居者の平均要介護度は3.9で、その半数以上が経管栄養を必要とする高齢 ...続きを読む
    次の10件>  最終>>|

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る