Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 最新記事一覧

全 326 件
    次の10件>  最終>>|
認知症専門デイサービスの事業所です。先日見学に来られた前頭側頭型認知症の方が通所希望です。アルツハイマー型認知症とはどのように違うのでしょうか。 ...続きを読む
街全体の活性化につながる住宅運営やイベント開催に注力兵庫県尼崎市の阪神「尼崎」駅前にある「ヴィラ グラスセゾン」は、社会福祉法人あかねが運営するサービス付き高齢者向け住宅のひとつだ。その周辺に同法人は特別養護老人ホームやデイサービス、訪問看護ステーション、地域包括支援センターを運営し、地域密着型の福祉サービスを展開している。地域の子育て層向けに子ども食堂を開催社会福祉法人あかねは、1995年に特別養護老人ホームを備えた介護福祉施設を尼崎市に開設して以来、大阪市に隣接する尼崎市、自然豊かな川辺郡猪名川 ...続きを読む
次期介護報酬改定では、実際に提供した機能訓練に対して、成果主義の様な仕組みが導入されるのでしょうか? ...続きを読む
そのうえで、リハビリテーションにおいても機能回復のみならず、「ADL向上」「IADL向上」「役割の創出」など、心身機能・活動・参加に対してアプローチが求められると指摘している(図表2)。→ 拡大画像はこちら一方の指標に関しては、「要介護度改善」というものが挙げられている。わかりやすい指標ではあるが、要介護度の高い利用者を抱える特養などでは「原則として中重度要介護者を受け入れる特別養護老人ホームにとって、利用者の要介護度が重くなることは自然の摂理」(公益社団法人全国老人福祉施設協議会による厚生労働大臣宛意見 ...続きを読む
おむつを替えるだけなら誰でもできる。これに終始している限り、介護職は専門職とは見なされないとすら言われている。自立性を取り戻す自立支援介護を実施することで、介護職の専門性はより必要と認識されるだろう。2018年度の介護報酬改定では要介護度が改善すれば、報酬が上がる新たな仕組みもできる見込みだ。自立支援の実施で介護報酬増額か介護保険法の第一章第一条では、介護保険の目的を「(介護を要する人が)尊厳を保持し、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、必要な保健医療サービス及び福祉サービス ...続きを読む
「介護予防・日常生活支援総合事業」の基準に該当し届出をされた事業対象者は、どの位のスパンで認定の期限を更新する必要があるのでしょうか? ...続きを読む
地域貢献という言葉は、簡単には達成できるものではない。社会福祉法人北野会は東京都板橋区の徳丸地域を軸に、介護・障害・保育の垣根を越え、町会などともつながる新たな地域のあり方に向けた取り組みを行っている。町会を巻き込み施設を地域になじませる社会福祉法人北野会特別養護老人ホーム「マイライフ徳丸」(定員78人)は、開設から15年が経過。「開設当初は、高齢者施設に対する地域の反対も少なからずありました」と、同法人の高麗正道施設長は話す。高麗施設長が入職した2011年6月頃から地域との連携を意識した施設づくりに注 ...続きを読む
2018年10月からベッドや車いすなどのレンタル料金に上限が設けられるとのことですが、具体的にはどのようになるのでしょうか。 ...続きを読む
2016年4月から「介護予防・日常生活支援総合事業」が始まりましたが、同事業の対象者となるのはどのような人たちになるのでしょうか? ...続きを読む
東京都町田市で50年以上にわたって介護事業、障害福祉事業を展開している社会福祉法人合掌苑。「地域福祉支援事務局」を設置するなど、地域とのつながりを重視した取り組みからは学ぶものが多い。法人内のノウハウや資源を活用して地域貢献社会福祉法人合掌苑は、もとは東京都中野区にある寺院が母体となっている。1960年に町田市に高齢者施設をつくるために社会福祉法人化し、10の基本ケアをベースにした介護を行っている。「縁もゆかりもない地に高齢者施設を建てるということで、開設当初から地元・地域のために活動することをめざした ...続きを読む
    次の10件>  最終>>|

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る