Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 最新記事一覧

全 384 件
    次の10件>  最終>>|
社会福祉法人くだまつ平成会は、高齢期を人生の成熟期と前向きに捉える「スマート・エイジング」の考えを取り入れ、その人らしい暮らしが全うできるように寄り添うケアを実践している。そのなかでも施設と在宅をつなぐデイサービスの機能強化を図り、高齢者の在宅での暮らしが長く続けられるように認知症予防に力を注いでいる。科学的根拠に基づくケアで認知症予防に注力1999年に特別養護老人ホーム「ほしのさと」を開設した社会福祉法人くだまつ平成会はショートステイのほか、同敷地内でデイサービスや居宅介護支援などの事業を展開し、 ...続きを読む
「療養機能強化型A」の区分に入っています。「介護医療院」に移行後、新たに新設された報酬項目を教えて下さい。 ...続きを読む
介護医療院の要件では管理栄養士が常勤でなくても、「栄養マネジメント加算」の算定が可能と聞きましたが、可能なのでしょうか。 ...続きを読む
東京都八王子市と日野市に4つの介護付き有料老人ホームを運営する株式会社シルバービレッジは、同社で最大規模となる「シルバービレッジ八王子」の施設内に、介護職員実務者研修を受講できる養成校を2017年設立。業務として研修を位置づけ、職員の資格取得をバックアップしている。隣接病院とも連携した手厚い医療・介護体制「シルバービレッジ八王子」は、JR八王子駅から車で5分の住宅街に建つ介護付き有料老人ホーム。都立小宮公園に至る小高い丘の上にあり、南向きの窓からは眼下を流れる浅川と、その向こうに広がる八王子市の中心部 ...続きを読む
既存の介護療養病棟から介護医療院へ転換になりますが、療養室1人当たりの床面積は、介護老人保健施設と同じ8.0平方メートル以上なければならないのでしょうか。 ...続きを読む
【支援機関からの報告】ケアマネジャーや医療機関では支えられなかった子育て、就労、介護を両立する20歳代女性祖師谷あんしんすこやかセンター島尻 なおみ 氏気持ちを誰もくみ取らず、理解をしてくれない祖師谷あんしんすこやかセンター(地域包括支援センター)管理者の島尻なおみ氏は「若者ケアラーの事例と地域包括ケアの地区展開について」を報告した。ある日、20歳代の女性から電話がかかってきた。「とても辛いんです。この気持ちを誰もくみ取ってくれない。理解してくれない。自分の話を聞いてくれる人がいない」とその女性は話し ...続きを読む
【ヤングケラーからの報告】若年性認知症を介護する20歳代若者 悩みを相談できず、社会的に孤立しがち若年性認知症ねりまの会MARINE 伊藤 耕介 氏若年性認知症の発症は子どもにも大きな影響が若年性認知症ねりまの会MARINEの伊藤耕介氏は、若年性認知症の親を介護している子どもたちを支援している。「認知症は高齢者をイメージすることが多いが、65歳未満で発症する若年性認知症と病理的なことは同じだ。それでもなぜ65歳で区切るのかというと、若年性では認知症高齢者とは違った課題があるからだ」それは発症した本人だけでなく、介護 ...続きを読む
【研究者の報告】ヤングケアラー問題に取り組むイギリス 潜在的な地域の健康課題にアプローチする成蹊大学文学部現代社会学科准教授澁谷 智子 氏「子どもがケアを担うことでマイナスの影響が出ている」シンポジウムの基調講演にはヤングケアラー問題に取り組んできた成蹊大学文学部現代社会学科准教授の澁谷智子氏が「介護を担う子ども・若者をサポートするために考えたいこと」と題してヤングケアラーの実態を報告した。同氏はヤングケアラーについて、「慢性的な病気や障がい、精神的問題、アルコール・薬物依存などを抱える家族の世話 ...続きを読む
10歳代から30歳代の介護者(ヤングケアラー・若者ケアラー)支援に取り組んでいる東京都世田谷区は2018年7月、支援者向けシンポジウムを開催した。支援する専門職らの報告からは、介護や医療では困難に直面している若い介護者を支え切れていない実態が見えてきた。晩婚化の影響もあり、若い介護者は確実に増えている。医療機関には、介護と連携しながらヤング・若者ケアラー支援にかかわることが期待されている。・ヤングケアラー:18歳未満の介護者・若者ケアラー:18歳~30歳代までの介護者【総論】若年介護者の支援を医療も担う東京・ ...続きを読む
病院全体にとって、病院併設の「外付」型「介護医療院」は、経営的にプラスになるのでしょうか。 ...続きを読む
    次の10件>  最終>>|

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る