Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 最新記事一覧

全 390 件
    次の10件>  最終>>|
「在宅専門」診療所でも「地域包括診療料1」算定は出来るのでしょうか? ...続きを読む
「オンライン診療」の経営的メリットとは?2018年度診療報酬改定では、「ICT等の将来の医療を担う技術の着実な導入」が謳われており、その中でも特に「遠隔診療」の適切な活用や「医療連携を含めたICTの有効活用」を進める診療報酬が新たに導入された。(図表1)「遠隔診療」の一つで、今改定の大きな目玉として位置づけられた「オンライン診療」。その新設項目は4種類からなり、オンラインによる診察を評価した (1)オンライン診療料(70点・1カ月につき)に加え、 (2)「オンライン医学管理料」(100点・同) (3)「在宅時医学総 ...続きを読む
今年から導入される「公認心理師」の国家資格を取得し、Wライセンスを得たいとの願望があります。看護師でも「公認心理師」国家試験を受けることは出来るのでしょうか? ...続きを読む
POINT(1)医療・介護・福祉諸制度を熟知し、患者の生活を支える事務職員だけでなく、医師や看護師も諸制度に精通。限られた社会資源を最大限に活用して患者の在宅療養生活を支援。(2)他事業所との強力なネットワークで困難事例を受け入れ地域の信頼できる事業所とのネットワークで、困難事例もチームで受け入れる。訪問看護やヘルパー、病院医師が仕事をしやすいように配慮し信頼関係を深める。(3)患者の生活背景を考えた、一歩踏み込んだ積極的な支援「人に役立つおせっかい」をモットーに、患者や家族が抱える問題に対し、医療の枠 ...続きを読む
今改定で要件緩和が行なわれ、届出がし易くなったと聞きました。どのような変更が行なわれたのか教えて下さい。 ...続きを読む
POINT(1)デイケアで継続的なリハビリを実現診療報酬の算定制限があるため、経営上、150日を超える患者への医療保険での運動器リハは困難だが、介護保険のリハビリを併設し継続性を確保している。(2)アウトカムの“見える化”で意欲を高めるICカードで利用者のリハビリのデータと活動量の変化などのアウトカムはすべて“見える化”しており、これがリハビリへの意欲の向上につながっている。(3)働きがいのある環境づくりで優秀な人材を集める多様なリハビリを学べることは専門職にとって魅力的な環境。菊地院長は現場とコミュニケーショ ...続きを読む
「主治医機能」は要件緩和と実績に応じた2段階評価導入→ 拡大画像はこちら今改定に関する中医協の議論で、かかりつけ医に関しては高機能病院等、「専門医療機関への紹介」機能や「総合的な相談」機能等に対して国民の期待も大きいことから、普及を進める方針は従来と変わらない。しかし、2014年の診療報酬改定で新設された主治医機能を評価する(1)「地域包括診療料」、(2)「地域包括診療加算」、2016年改定で導入された(3)「認知症地域包括診療料」、(4)「認知症地域包括診療加算」の届出が近年、増えていない。(1)(3)を合せ ...続きを読む
「小児かかりつけ診療料」は、2018年度改定で要件緩和されるとの情報があります。どのような要件の見直しが実施されるのでしょうか? ...続きを読む
「専門医療提供モデル」と、「地域包括ケアモデル」の両方の役割を果たしてきた有床診療所は、「機能選択」を迫られているのでしょうか。 ...続きを読む
同じ疾患・症状でも患者ごとに最適な治療は違う「患者の立場に立った医療の提供」「患者一人ひとりのQOLを高める医療の実践」-。多くの医療機関がこのような理念や目標を掲げている。しかし、実践できているところは多くない。そんななか、医療法人社団和田眼科では、「患者の希望する生活を実現するための治療法」を追求しており、その姿勢が患者から高く評価されている。自らの診療スタイルについて、和田佳一郎院長は、「同じ疾患、同じ症状でも、患者さんの希望する生活が違えば、ベストとなる治療法は変わります。そのため、診療で ...続きを読む
    次の10件>  最終>>|

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る