Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 最新記事一覧

全 452 件
    次の10件>  最終>>|
開業して10年が経過し、2年前に法人化しました。しかし、私の中には、常にチャレンジし続けなければしりつぼみになるという危機感があります。次の事業展開を、どのように検討し、目標設定していけばよいでしょうか。 ...続きを読む
2017年に開業した青山・表参道睡眠ストレスクリニック。「“睡眠”の面から心身の健康維持のサポートを」を理念に、患者の「眠れない」といった症状に対し、あらゆる角度から原因を追究し、治療に結び付けている。不眠やいびき、睡眠時無呼吸症やむずむず脚症候群などの睡眠障害と、ストレスによる不安や、抑うつ状態、パニック症状などを専門に診る青山・表参道睡眠ストレスクリニック。開業の経緯について中村真樹院長は、「以前勤務していた睡眠総合ケアクリニック代々木には、睡眠時無呼吸症の患者だけで1カ月1,300人も訪れていました。 ...続きを読む
今後、簡易課税制度ではなく一般課税制度を適用した税額計算を行っていく必要があると考えています。その場合の留意点を教えて下さい。 ...続きを読む
POINT(1)幅広い疾患に対応、平日夜間23時まで、土日も診察救急医2人が常駐しているほか、家庭医療専門医、小児科専門医も在籍。この体制で平日は9時~23時、土日は9時~14時まで診察を行う。(2)週1回のミーティングで全員の想いや課題を共有週1回、全職員でミーティングを行う。目標設定シートをつくり、「健診を伸ばすにはどうすればいいか」など、職員からの営業提案なども話し合う。(3)地域のイベントに積極的に参加し、ワークショップを開催地域の子どもイベントで医療のワークショップを開催。院内では母親向けのアロマづくり ...続きを読む
最近、医師仲間で集まると、事業継承の話題で持ちきりです。自分もそのような年齢になってきたのだと実感しますが、動けるうちは働き続けたいと今は考えています。ただ、近い将来に向けて、現時点で準備できることがあれば教えてください。 ...続きを読む
厚生労働省では有床診療所の医療・介護併用モデルという仕組みの運用を進めていくと聞いていますが、具体的には有床診療所にどのような役割を期待しているのでしょうか? ...続きを読む
POINT(1)再発および二次予防診療につなげる医療体制(2)病院並みの機器が揃う健診・ドック部門(3)訪日外国人への対応も準備福島県を中心に1都4県で7法人、8病院をはじめ約90の医療・福祉施設などを運営する南東北グループが、関西初のサテライト診療所として大阪なんばクリニックを開設。予防健診とがんや脳梗塞などの二次予防につなげる医療体制を構築している。南海なんば駅直結の複合ビル「なんばスカイオ」9階に位置する大阪なんばクリニック。民間病院で初めてがん陽子線治療センターを開設し、BNCT(ホウ素中性子捕捉療法)を ...続きを読む
サブスペシャリティ領域に現在、どのようなものがあるのか教えて下さい。私のようなリウマチ診療科の場合は、何人位のドクターが存在するのでしょうか? ...続きを読む
第三者への承継をスムーズに進めるためには、どのようなことに留意したらよいでしょうか。 ...続きを読む
今回の新しいガイドラインでは、チーム医療の観点から、私たち医療者が取り組むべき課題が示されているのでしょうか? ...続きを読む
    次の10件>  最終>>|

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る