Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 最新記事一覧

全 374 件
    次の10件>  最終>>|
「クリニックとブランド病院との連携」が患者に大きな安心を与えることを考えると、何らかの動きを起こした方が良いのでしょうか? ...続きを読む
POINT(1)専門外来を掲げて、患者の選択を助ける一般外来のほか、ものわすれ外来、睡眠外来、リエゾン外来を掲げる。自分の症状に合った受診が可能。(2)ホームページでの細やかな情報発信院長自ら文章を手がける。院長がどのような人物か、本診療所がどのようなところかが事前に伝わり、患者が来やすくなる。(3)地域住民を対象にセミナー開催疾患に対する知識を広め、精神科を受診しやすくする試み。医学用語をできるだけ使わず、わかりやすい説明に努める。院長のプロフィールが見える情報発信の工夫石束クリニックは、精神疾患 ...続きを読む
2018年度の診療報酬改定で、精神科の在宅医療を進めるための更なる誘導が行なわれる期待が高まっていると思われますが、具体的にはどのような見直しが行なわれるのでしょうか? ...続きを読む
POINT(1)ホスピタリティーを重視した雰囲気づくり個室の前処置室には専用トイレを完備し、検査・手術後にハーブティーなどを提供。患者がリラックスできる環境を整えている。(2)「 痛くない「」苦しくない」検査と治療を実施大腸内視鏡検査は腸を伸ばさず、空気を入れない無送気軸保持短縮法を実施。痔の治療にはできるだけ注射療法や手術をせず、身体的負担軽減に注力。(3)検査や治療を理解しやすい情報提供を実践ホームページには診察や疾患、治療ステップについて、理解を深めやすいよう四コマ漫画や動画を取り入れ、情報提供 ...続きを読む
POINT(1)総合診療医によるトータル・ケアを徹底医療過疎であった地域事情に応えるため、「断らない、何でも診る」をモットーに総合診療医として家族背景まで考慮した心体全体の問題に幅広く対応。(2)地域コミュニティーにマッチした診療体制常に地域のニーズに耳を傾け、日曜診療や診療時間の拡大、小児科の開設など、地域密着型の診療体制づくりに取り組む。(3)住民向け健康教室を定期開催2カ月に1回院長による健康教室を開催。医師として、人として伝えたいことを話すほか、参加者が知りたいことにわかりやすく答える。地域に適 ...続きを読む
2018年度の診療報酬改定では、診療所の外来に対して「入院前支援」を評価する診療報酬が新設されるようなニュアンスを感じるのですが、それは現実的な話でしょうか? ...続きを読む
POINT(1)美容専門から内科を加えた新体制を開始コンセプトである“医食同源”の実現のため、身体の外側からケアする美容医療と、糖尿病治療など身体の内側からケアする内科の2本柱の診療体制を構築。(2)院内に調理スペースを完備し、調理指導を実施院内に調理スペースを完備した栄養指導室を増設。常勤の管理栄養士を雇用し、栄養指導のほか、予約制でオリジナルレシピによる調理指導も行っている。(3)通いやすく、リラックスできる診療所づくり診療時間やキッズスペースの確保など、患者が通いやすいように配慮。また、診療所らしさ ...続きを読む
措置入院をしていた患者が退院し、私たちのような小規模メンタルクリニックに通院していた場合には、「精神障害者支援地域協議会」に参加しなければならないケースも出てくるのでしょうか? ...続きを読む
第8次医療法が可決・成立しましたが、今回の改正での重要なポイントや罰則規定について教えてください。私たち小規模診療所でも、ホームページの作成については注意しなければならないのでしょうか? ...続きを読む
POINT(1)セカンドコール体制で医師の負担軽減を図る当番医によるバックアップ体制があることで、主治医の心身の負担を減らすことにつながる。(2)先手を打った対応で往診を少なくする何事も早めの対応で悪くなりそうな芽を摘んでおくことが、土日祝や夜間の急な対応を減らしている。(3)それぞれの患者と家族に寄り添う診療で安心を提供在宅医療は病気を治すことよりも、病気をコントロールしながらうまくつき合っていくことが重要という意識を法人全体で共有。コール体制の整備で医師の負担軽減を図る在宅療養支援診療所として大 ...続きを読む
    次の10件>  最終>>|

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る