Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 最新記事一覧

全 381 件
    次の10件>  最終>>|
同じ疾患・症状でも患者ごとに最適な治療は違う「患者の立場に立った医療の提供」「患者一人ひとりのQOLを高める医療の実践」-。多くの医療機関がこのような理念や目標を掲げている。しかし、実践できているところは多くない。そんななか、医療法人社団和田眼科では、「患者の希望する生活を実現するための治療法」を追求しており、その姿勢が患者から高く評価されている。自らの診療スタイルについて、和田佳一郎院長は、「同じ疾患、同じ症状でも、患者さんの希望する生活が違えば、ベストとなる治療法は変わります。そのため、診療で ...続きを読む
「公認心理師」の国家資格を得た場合に、従来から有している精神保健福祉士や臨床心理士の資格はどうなるのでしょうか? ...続きを読む
POINT(1)苦痛のない内視鏡検査の実施検査時の苦痛の軽減により、患者満足度を上げ、定着や口コミによる増患、定期検査の継続につなげる。(2)土日・夜間も対応可能な院内処方患者の利便性を考慮して院内処方を行う。常備する薬剤を選定して在庫リスクを軽減し、看護師が管理を行う。(3)開業前から連携体制構築に注力近隣病院との円滑な連携体制を整備。開業前より、院長自ら連携に向けた働きかけを行った。痛みのない内視鏡が好評3カ月で外来患者は40人にファミリークリニックひきふねは2017年5月、東京スカイツリーの開業以降、近 ...続きを読む
最近の中医協の資料等を読むと、「オンライン診療」という耳慣れないキーワードが頻繁に出てきています。具体的にどのような診療スタイルであるのか教えて下さい。 ...続きを読む
POINT(1)バイリンガルの日本人スタッフを採用スタッフは全員、英語に通じた日本人を採用。外国人患者の不安の軽減のため、診療を英語で行う。(2)日本人来院者が渡航した後もメールで相談に応じる予防接種等で来院した日本人渡航者が現地から寄せる相談にメールで対応。一時帰国時の診療にも応じる。(3)旅行医学の知識の啓発活動を積極的に行う日本旅行医学会の専務理事も務める篠塚院長は、患者の安全な渡航のために積極的に講演などを行っている。外国人患者には英語による対応が必須訪日外国人観光客の増加を背景に、日本の医療機 ...続きを読む
小規模な診療所が主体となり、地域医療連携推進法人を作ることは可能なのですか? ...続きを読む
「クリニックとブランド病院との連携」が患者に大きな安心を与えることを考えると、何らかの動きを起こした方が良いのでしょうか? ...続きを読む
POINT(1)専門外来を掲げて、患者の選択を助ける一般外来のほか、ものわすれ外来、睡眠外来、リエゾン外来を掲げる。自分の症状に合った受診が可能。(2)ホームページでの細やかな情報発信院長自ら文章を手がける。院長がどのような人物か、本診療所がどのようなところかが事前に伝わり、患者が来やすくなる。(3)地域住民を対象にセミナー開催疾患に対する知識を広め、精神科を受診しやすくする試み。医学用語をできるだけ使わず、わかりやすい説明に努める。院長のプロフィールが見える情報発信の工夫石束クリニックは、精神疾患 ...続きを読む
2018年度の診療報酬改定で、精神科の在宅医療を進めるための更なる誘導が行なわれる期待が高まっていると思われますが、具体的にはどのような見直しが行なわれるのでしょうか? ...続きを読む
    次の10件>  最終>>|

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る