Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 最新記事一覧

全 24,689 件
【トークセッション】診療報酬と地域医療構想の紐づけをしないと地域医療構想が現実とかい離してしまう座長医療経済研究機構所長 西村周三氏シンポジスト相澤孝夫氏、今村安臣氏、土居丈朗氏、森田朗氏-来年は“惑星直列”といわれるように、診療報酬、介護報酬、第7次医療計画、第7次介護保険事業計画の4つの改定が実施されるが、今日はその先について議論したい。相澤先生は病院経営の立場から新しい問題提起をしてくれた。相澤 入院医療費が推計よりも速いスピードで減っていき、病院経営はかなり苦しくなっていくのではないかと思う。 ...続きを読む
出産予定の女性職員がいます。産前産後休業中の社会保険について教えてください。 ...続きを読む
日本循環器学会と日本心不全学会は10月31日、心臓の機能が低下して起きる心不全について「命を縮める病気」とする定義を公表した。高齢化に伴い患者が増えているが、危険性が社会に十分知られていないため、分かりやすい定義が必要と判断した。両学会は、心不全を「心臓が悪いため息切れやむくみが起こり、だんだん悪くなり命を縮める病気」と定義した。 両学会によると、心不全は心筋梗塞や高血圧などが原因で、心臓が血液を送り出すポンプ機能が低下して起きる状態の総称をいう。完治はせず、症状の改善と悪化を繰り返すうちに進行。死 ...続きを読む
前回、第八次医療法改正に織りこまれた「医療機関のウェブサイトを医療広告と同様に虚偽や誇大表示を罰則付きで禁止する」規定と、それを監視する「医療機関ネットパトロール」事業に関してご紹介させて頂いたが、こうした動きが医療現場にどのような影響を与えるかについて、取材による専門家の意見を反映しながら検証したいと考える。まず医療政策の動きに詳しい医療ジャーナリストの谷川陽一氏は、「美容医療やアンチエージング系のクリニック等の自費診療の領域で、誇大や虚偽広告による患者トラブルが頻発し、消費者庁や各都道府県・ ...続きを読む
【シンポジウム1】近隣型病院と広域型病院の役割分担で住民に利便性、病院は患者確保日本病院会会長 相澤 孝夫 氏日本病院会会長で社会医療法人慈泉会理事長・相澤病院院長の相澤孝夫氏は、75歳以上の高齢者に対する医療の変化を取り上げた。「75歳以上の高齢者に対する医療の問題は、多くの疾病と愁訴を抱えた要支援・要介護の高齢者を対象とする医療需要の増加にある。そのような高齢者医療は治療ばかりでなく、生活支援が中心になることが多く、退院までに時間を要する退院困難者になる」この現状を踏まえ、高齢者医療の在り方はどう ...続きを読む
厚生労働省は11月20日の医療計画の見直し等に関する検討会・地域医療構想に関するワーキンググループ(WG)に、「地域医療構想の進め方に関する議論の整理(案)」を提示した。これまでのWGや親検討会での審議内容を反映させ、地域医療構想調整会議の運営方法や情報共有のあり方、過剰な病床機能への転換を希望する医療機関があった場合の対応-などを記載した。骨太方針2017には地域医療構想調整会議について、「個別の病院名や転換する病床数等の具体的対応方針の速やかな策定に向けて、2年程度で集中的な検討を促進する」と明記されて ...続きを読む
厚生労働省は1日に開かれた社会保障審議会分科会で、訪問介護サービスのうち料理や洗濯などの家事をする「生活援助」のヘルパーについて、資格要件を緩和する方針を提案した。短期間で資格を取得できる研修制度を2018年度に創設する。現在、訪問介護ヘルパーの資格を得るには、約130時間の介護職員初任者研修を受けることなどが条件。厚労省は、生活援助に限って資格取得のハードルを下げ、不足しがちな介護人材をより多く確保したい考えだ。一方、訪問介護のうち排せつや入浴を介助する「身体介護」については、報酬面でも生活援助との差 ...続きを読む
2018年度医療・介護報酬同時改定の傾向と対策を解説するセミナーが、活況を呈し始めた。直近の改定対策は喫緊の課題だが、同時に団塊世代の高齢化によって、2018年度以降を見据えた制度設計や経営戦略にもタイムリミットが迫っている。医療経済フォーラム・ジャパンが19日、都内で開いたシンポジウム「2018年の先を見据えて」では、医療・介護にとって当面の山場である2025年への視点が多様に示された。【基調講演】薬価財源を1,300億円確保できるかどうかが診療報酬本体のプラス、マイナスの分岐点国際医療福祉大学院副大学院長 中村 秀 ...続きを読む
国立感染症研究所は11月17日、「感染症週報2017年第44週(10月30日~11月5日)」を公表した。手足口病の定点当たり報告数は1.62で、前週の2.07から減少したが、過去5年間の同時期と比べてかなり多い。都道府県別では佐賀県(4.39)、茨城県(3.71)、福井県(3.36)の順に多かった(p5~p6参照)(p9参照)。咽頭結膜熱の定点当たり報告数は0.51(前週0.53)で減少したが、過去5年間の同時期と比べてかなり多い。都道府県別の上位3位は、北海道(2.65)、山形県(2.23)、宮崎県(1.72)だった(p5~p6参照)(p8参照)。A群溶血性レンサ球菌咽頭 ...続きを読む
厚生労働省は11月17日、2017年第45週(11月6日~11月12日)におけるインフルエンザの発生状況を発表した。定点当たり報告数は0.52人(患者数2,588人)で、前週の0.49人より増加。2017年第36週以降、累積の推計受診者数は約14万人となった。基幹定点からのインフルエンザ患者の入院報告数は48例だった(p2参照)(p7参照)。都道府県別で報告数が多かったのは、沖縄県3.78人、長崎県1.94人、福井県1.84人の順。25府県で前週より増加し、19都道府県で減少した。全国で警報レベルを超える保健所地域は1カ所(1県)で、注意報レベルを超える地域は ...続きを読む

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る