Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 最新記事一覧

全 26,128 件
    次の10件>  最終>>|
厚生労働省は8月27日、2017年に新たに分かったエイズウイルス(HIV)感染者とエイズ患者は計1389人だったとする確定値を発表した。前年より59人減少し、11年ぶりに1400人を下回った。同省のエイズ動向委員会は「各保健所による無料の検査などで早期発見が進み、感染拡大を防げているのではないか」と分析している。内訳は、感染者が前年比35人減の976人、すでに発症していた患者が24人減の413人。合計の国籍別では、日本国籍が86人減の1193人となった一方、外国籍が27人増の196人となった。感染経路は、同性間の性的接触が41人減の935 ...続きを読む
思考バイアスを取り除き営業トーク・プレゼンを数値化「私たちの会社のミッションは、技術の力で思考のバイアスを取り去ることです」そう切り出したのが、コグニティ株式会社代表取締役の河野理愛氏だ。つまり、思考バイアスなき社会を目指すというのだが、実際にどういうことか。河野氏によれば、人間には思い込みがあるというところから始まっている。思考バイアス、認知バイアスといわれるものだが、経験で思い込んでしまう、もしくは自分の見えているところだけで判断してしまうことがあるのだ。それは人間の良さでもあるが、弱さでも ...続きを読む
対物業務から対人業務へ政府は患者ごとの薬剤を適切に管理することで、医療費抑制に貢献できると考え、調剤薬局を「かかりつけ薬局」と定義して積極的な患者への関与・介入を期待しています。そのため、従来から行われてきた「対物(調剤)業務」から、コミュニケーションを重視する「対人(管理・指導)業務」への構造的な転換を進めようとしています。2018年度の診療報酬改定でも、内服薬の「調剤料」が引き下げられ、対人業務に係る「かかりつけ薬剤師指導料」や「薬剤服用歴管理指導料」等の薬学管理料が引き上げられることになりまし ...続きを読む
大阪府は急増する外国人観光客の病気や事故による病院の受け入れ体制を強化するため、医療関係者や大阪観光局による検討会議を設置し、8月29日に府庁で初会合を開いた。会合では、国が9月に医療機関への調査を行うのに合わせ、大阪府も独自にアンケートを行う方針を確認した。会合では多言語による対応や医療費未払いなど、 ...続きを読む
一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J)はこの夏、「医療分野におけるAIとICT」に焦点を当てたシンポジウムを開催した。昨今のAIブームを始め、ICTの急速な進化により形成されつつある医療現場の新しい形が取り上げられた。【講演】医療現場で進むAI・ICTの利用 コミュニケーションを深く、広くAIに求められる確かなデータ収集エムスリー株式会社AI Lab所長である高木修造氏は、「AIを活用した医療機器の現状と展望」をテーマに講演した。 エムスリーは製薬会社向けのメディアを運営しており、 ...続きを読む
厚生労働省は9月14日、2018年度中に100歳を迎える高齢者が3万2,241人になると発表した。前年度に比べて144人の増加。都道府県別では、東京都が2,755人と最も多く、次いで神奈川県1,674人、大阪府1,592人だった(p1~p3参照)。また同省は、住民基本台帳に基づく100歳以上の高齢者数も発表した。それによると、2018年9月15日時点の100歳以上高齢者の総数は、6万9,785人(前年比2,014人増)。このうち、男性は8,331人、女性は6万1,454人で、女性が全体の約88%を占める。都道府県別では、多い順に、東京都5,973人、神奈川県3,877人、大阪府3,5 ...続きを読む
長野県は8月29日、医師を大規模な拠点病院に集め、医師不足の診療所や中小病院に派遣し支援する新たな事業の開始を正式に決定した。同日、医師会や信州大学医学部関係者らでつくる「県地域医療対策協議会」を開き、派遣元となる10の拠点病院を指定した。県が始めるのは「地域医療人材ネットワーク構築支援事業」。県医師確保対策室によると、拠点病院への補助と医師確保を一体的に実施する事業は全国的にも珍しいという。これまでも県内就業や移住を希望する医師と医療機関をつなぐ「ドクターバンク事業」などに取り組んできたが、医師が ...続きを読む
2018年度からスタートする第7次医療計画で、認知症治療病棟に関して、病院経営に影響を与える大きな改正ポイントがあれば教えて下さい。 ...続きを読む
フォーミュラリーとDPCの共通点は医療費をコントロールする仕組み筆者は2018年6月初旬、調剤薬局業界のリーディングカンパニーである日本調剤(株)を取材、その際にフォーミュラリー(医療機関において患者様に対して、最も有効で経済的な医薬品の使用における方針)に関して、様々な情報提供を頂きました。日本調剤(株)ではフォーミュラリーの定着に向けて、企業全体で取り扱う約1,300万枚の処方箋をデーターベースにした研究に取り組んでおられましたが、フォーミュラリーの導入は薬剤師の薬学的知見を発揮させ、臨床薬剤師の育成に ...続きを読む
日本医療機能評価機構は9月7日、病院機能評価の審査の結果、30病院を認定した。4病院が認定期限切れとなり、5病院が新規認定、25病院が更新認定を受けたため、認定病院数は2,192病院となった(p1参照)。今回、新規で認定されたのは、▽医療法人社団 重仁 まるがめ医療センター▽医療法人社団 葵会 柏たなか病院▽医療法人社団 ...続きを読む
    次の10件>  最終>>|

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る