Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 最新記事一覧

全 26,973 件
    次の10件>  最終>>|
日本看護協会(福井トシ子会長)は4月26日、2020年度予算・政策に関する要望書を、厚生労働省の吉田学医政局長に提出した。当日は福井会長らが厚労省を訪問し、要望書を手渡した。同会が予算編成に向けて、必要な予算確保などを求めたのは、重点要望事項である「看護師基礎教育の4年制化の実現」「訪問看護提供体制の推進(「訪問看護推進総合計画」の策定)」「ナース・プラクティショナー制度に関する検討の場の設置」「看護師などの人材確保の促進に関する法律および基本指針の改正」の4項目を含む、10項目だ。このうちナース・プラク ...続きを読む
2009年12月の「ナーシングホームあい」開設を皮切りに、住宅型有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅を群馬県で展開している有限会社コスモス。手厚い看護体制で地域のニーズに応え続けてきた同社が、2012年3月に開設したのが「ナーシングホームあい暖(ぬくもり)」だ。医学的管理が必要な重度者の“駆け込み寺”として地域のより所となっている。地域貢献の一環として潜在看護師の復職を支援「ナーシングホームあい暖」は定員119人で、稼働率は常に95%以上。入居者の平均要介護度は3.9で、その半数以上が経管栄養を必要とする高齢 ...続きを読む
慶應義塾大学、京都大学、国立がん研究センターらの研究グループは5月7日、国内最大の肺がん遺伝子スクリーニングネットワークLC-SCRUM-Japanと協力し、臨床ゲノムデータベースに登録された2,164人の肺がん患者におけるEGFR遺伝子の稀な変異の分布を明らかにし、肺がんの遺伝子変異に対する薬剤有効性が高精度に予測可能なことを確認した。今回、研究グループでは、日本人の肺がんで最も多く変異の見られるEGFR遺伝子に注目し、約2,000例の肺がんの遺伝子変異を分析。その結果、稀なEGFR遺伝子変異を持つ肺がんに対して治療効果の高い抗が ...続きを読む
2018年度介護報酬改定で話題となった介護医療院。厚生労働省は2019年4月に開かれた社会保障審議会介護給付費分科会で、介護医療院の実態に関する調査結果を報告。介護療養型医療施設、医療療養病床などからの転換状況などを把握した上で、今後の対応を図るとした。移行予定:介護療養型医療施設、介護療養型老人保健施設介護療養型医療施設のうち、2019年度末までに介護医療院へ移行を予定している病床はI型介護医療院・II型介護医療院を合計すると31.2%の病床数構成比であった。2023年度末時点では52.7%だった。さらに介護療養型老人保 ...続きを読む
約88%の調剤薬局薬剤師が外国人患者への対応に不安調剤薬局の国際化への対応として、2018年に実施された興味深いデータがあります。それは、“英語版 薬のしおり”を作成する(一社)くすりのしおり協議会が、2018年6月15日から同26日の期間、「調剤薬局における外国人患者への対応の実態」を把握する目的で「全国の調剤薬局で外国人患者の対応経験がある薬剤師409名」を対象に行った調査((株)マクロミルケアネットによるインターネットリサーチ)。2018年9月開催の「第12回日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会大会」で ...続きを読む
財務大臣の諮問機関である財政制度等審議会の財政制度分科会は5月22日開かれ、地方財政をテーマに議論した。このなかで財務省は、地方財政健全化のためには社会保障費の伸びの抑制が不可欠と指摘。1人当たり医療費に地域差が見られることや、「地方財政計画」の計上額を上回る国民健康保険と公立病院への支出に強い問題意識を示した。 地方公共団体全体の歳出・歳入見込みを示す「地方財政計画」の内訳を2010年度と19年度で比較すると、歳出は82.1兆円から89.6兆円に拡大。歳出の伸びのほとんどを高齢化に伴う社会保障経費の地方負担 ...続きを読む
日本医療安全調査機構(医療事故調査・支援センター)が発表した4月の「医療事故調査制度の現況報告」では、医療事故報告は34件(累計1342件)だった。病院・診療所別では、病院からの報告が34件、診療所からの報告は0件だった。診療科別では外科・消化器科・循環器内科が各5件、内科が4件、心臓血管外科が3件、整形外科・泌尿器科が各2件、脳神経外科が2件、その他が8件だった。また地域別では北海道が3件、東北が1件、関東信越が14件、東海北陸が3件、近畿が6件、中国四国が2件、九州が5件だった。4月は院内調査結果報告(医療機関調査 ...続きを読む
訪問看護と連携し、在宅がん患者の終末期医療や、在宅緩和ケアにも携わってみたいと考え、「在宅緩和ケア充実診療所」の届出を検討しているのですが、当クリニックのような小規模診療所でも可能なのでしょうか? ...続きを読む
日本医療機能評価機構は5月21日、5月10日付けで行った病院機能評価の認定状況を公表した。詳細は下記の通り(p1~p5参照)。【5月10日付・認定状況】▽認定数/57病院(うち新規5病院、更新52病院)▽認定総数/2,181病院【新規認定病院】▽埼玉県立小児医療センター▽社会医療法人義順顕彰会種子島医療センター▽医療法人社団永生 ...続きを読む
日本看護協会(福井トシ子会長)は4月25日、厚生労働省健康局の宇都宮啓局長に、2020年度予算・政策に関する要望書を提出した。急激な少子高齢化および地域力の弱体化・孤立化などの社会変化に加え、精神障害のある人の地域への移行と定着に向けて入退院支援の推進が求められている背景から、保健師の役割は拡大し、その必要性も高まっている。同会からは自治体の保健活動をより効果的、継続的に展開するために①保健師の計画的な人材確保および適正な配置②統括保健師の配置・人材育成を求めた。宇都宮局長は、国が実現に向けて取り組んで ...続きを読む
    次の10件>  最終>>|

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る