Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 最新記事一覧

全 26,353 件
    次の10件>  最終>>|
政府は2日、外国人労働者の受け入れを拡大し、単純労働も可能にする出入国管理法改正案を衆院に提出した。建設や農業など人手不足が深刻な業種を対象に新たな在留資格「特定技能」を創設。不法滞在対策を強化するため、法務省に出入国在留管理庁を新設する。政府・与党は来年4月の導入に向け、今国会での成立を目指す。これまで医師や弁護士など高度な専門人材しか原則認めていなかった外国人の就労を新資格の枠組みで一挙に開放するもので、政策の大転換となる。与野党から「事実上の移民政策」との指摘があるほか、制度設計は詳細が詰ま ...続きを読む
「かかりつけ」患者を把握するには多職種協働が必須‐「かかりつけ医」というと、日常的に医師自身が常時目を光らせて患者の変化を見逃さないというイメージがあります。現実的に、それは難しいでしょう。たとえば当院の在宅患者は常時60人、外来患者は一日平均80人、入院患者も30床がほぼ満床状態です。これらすべての患者さんについて、生活情報まで含めて医師一人ひとりが頭の中に入れ、その変化を逐一把握するのはさすがに不可能です。そこでカギを握るのが、ケアマネジャーや地域包括支援センター、そして地域の各介護事業所等の方々 ...続きを読む
耳鼻咽喉科医ですが、介護施設のミールラウンドに参加しないかとの依頼を受けました。ミールラウンドとは一体、どのような取り組みになるのでしょうか? ...続きを読む
政府は10月29日、2019年度予算編成で焦点になっている社会保障費の伸びについて、5000億円未満に抑制する方針を固めた。財務省は高齢化で膨張する社会保障費の圧縮を最重要課題と位置付けている。同省は予算案を決定する年末に向け、歳出抑制の具体策をめぐり、厚生労働省などとの調整を加速させる。厚労省が財務省に8月末に提出した19年度予算の概算要求は、前年度当初予算比2.5%増の31兆8956億円と過去最高だった。このうち高齢化などに伴う自然増は6000億円と見込んだ。伸びを5000億円未満に抑えるには1000億円超の収支改善が必要。政 ...続きを読む
病院の機能分化が進み、地域包括ケアシステム時代を迎えつつある今、中小病院が生き残るには、地域に根ざす以外に方法はない。そこから導きだされるのは「かかりつけ病院」というあり方だ。また、地域にとっても安定的な医療、安心を確保するという点からも、「かかりつけ病院」の存在は不可欠と言える。そこで今回は、地域住民の「かかりつけ」機能を備えながら、病院ならではの特徴を生かしている病院の事例を踏まえつつ、中小病院の今後のあり方を考える。200床未満の病院が今、岐路に立たされている。高度医療を追求するには事業規模 ...続きを読む
2019年10月に消費税が10%に上がる予定ですが、介護報酬について厚生労働省はどのように対応する方針でしょうか。 ...続きを読む
厚生労働省の「特定機能病院及び地域医療支援病院のあり方に関する検討会」は11月16日開かれ、地域医療支援病院の見直しについての議論を開始した。在宅医療を担う、かかりつけ医の後方支援施設としての期待が高まっていることを受け、医師少数区域の医療機関への医師派遣や、プライマリ・ケアの研修・指導を地域医療支援病院の機能として新たに位置づけることなどが論点となる見通し。 地域医療支援病院は1997年の第3次医療法改正で創設された。主に、▽紹介患者に対する医療の提供▽医療機器の共同利用の実施▽救急医療の提供▽地域の ...続きを読む
厚生労働省は10月30日、風疹患者が特に増加している埼玉、千葉、東京、神奈川、愛知の5都県と域内の市と区に対し、風疹とはしかの混合ワクチン(MRワクチン)を円滑に流通するよう求める通知を出した。5都県内の医療機関が任意接種のためのワクチンを卸売業者に発注し、在庫がなかった場合、5都県などが相談に応じて販売可能な業者を紹介できる体制を整える。通知によると、5都県などが11月から毎週、卸売業者にMRワクチンの在庫量を報告させ、都県別に集約。医療機関から相談があった場合、対応可能と確認できた卸売業者を紹介する。風疹 ...続きを読む
真に品質の高い住居を高齢者に・・・。従前の高齢者住宅は「施設」というイメージを引きずり、サービスの向上という点で立ち遅れてきた。そんななか、群馬県内で2社・1社会福祉法人を擁する、ようざんグループ傘下の株式会社プランドゥが、2018年6月に開設した介護付有料老人ホームに新設した「グランツようざん」は、職員が意識をもって、質の高い介護を実現しようとしている。職員目線でデザインや機能にこだわり抜く「職員の目線から考え、職員の誇りとなるデザインと、ストレスのない環境・空間をつくろうと思いました。それは職員に ...続きを読む
財務省は10月30日の財政制度等審議会分科会で、医療機関の病床数が一部地域で過剰な状態にあると指摘した上で、ベッド数の削減を通じた地域医療の効率化を提言した。11月下旬にもまとめる財政審の建議に盛り込み、地方自治体などの取り組みを促す。同省は、各都道府県の一定人口当たりの病床数と、1人当たりの入院医療費の関係を分析。その結果、高知県が双方でトップになるなど、病床数の多い自治体ほど入院医療費が増大する傾向にあることが確認された。提言は「医療費は医療提供体制の強い影響を受ける」とし、各自治体が病床数などを ...続きを読む
    次の10件>  最終>>|

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る