Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 最新記事一覧

全 26,319 件
    次の10件>  最終>>|
トランプ米大統領は10月25日、公的医療保険の対象となる高額薬の価格引き下げ策を打ち出した。米国民の負担で同じ医薬品が外国で割安で売られていると主張。一部の国内薬について、外国価格を基準として安く設定する。5年間で172億ドル(約1兆9300億円)のコスト軽減を見込む。対象となるのは、高齢者・障害者向け公的医療保険(メディケア)を通じて製薬会社から購入する一部の処方薬。来年初めにも新制度をまとめる方針だが、製薬業界の反発も予想される。厚生省によると、米国の高額処方薬価は外国価格の2倍近くに達している。トランプ ...続きを読む
アドバンス・ケア・プランニングがクローズアップされ、医療者と患者・家族が向き合って、医療観や死生観を共有する流れが形成されつつある。全国公私病院連盟が10月3日、都内で開いた「第30回国民の健康会議」では、医療と宗教の協働も取り上げられ、主に高齢者医療をテーマに問題が提起された。【講演1】急性期病床に慢性期患者が入院して平均在院日数を長くしている日本慢性期医療協会 会長・医療法人平成博愛会博愛記念病院 理事長 武久 洋三 氏急性期から紹介される患者には脱水・低栄養・電解質異常が多い日本慢性期医療協会会長の ...続きを読む
政府は10月22日、未来投資会議(議長:安倍晋三首相)を開いた。大企業を中心に根強い新卒一括採用を見直し、通年の中途採用拡大に向けた官民の取り組み強化策を議論。首相がトップを務め、政府や企業の関係者で構成する協議会を近く発足させ、11月にも初会合を開く方針だ。併せて、健康で意欲のある人が70歳まで働ける機会を確保する制度づくりも進める。いずれも雇用市場の流動性を高め、労働生産性を向上させるのが狙いだ。首相は未来投資会議の席上、政府部内での議論を経て「早急に法律案を提出する方向で検討したい」と表明。2019年 ...続きを読む
後発品医薬品の数量シェアが20%に満たない場合に、調剤基本料が2点減算されるペナルティから除外される救済措置があると聞きました。詳しく教えてください。 ...続きを読む
日本慢性期医療協会の武久洋三会長は11月8日会見し、病床面積4.3平方メートルの一般病床の6年以内の廃止を提案した。 一般病床の病床面積は、第4次医療法改正(2001年3月施行)でそれまでの4.3平方メートル以上から6.4平方メートル以上に基準が引き上げられたが、既設病床については経過措置が認められ、現在まで続いている。武久会長は経過措置が10年以上も容認されている現状に強い問題意識を示した。診療報酬の【地域包括ケア病棟入院料】は、病床面積4.3平方メートルの病棟も算定できるものの、報酬単価が高い入院料1、2の届出は ...続きを読む
安倍晋三首相は10月24日の衆参両院本会議で、自民党総裁3選後初めての所信表明演説を行った。首相は憲法改正について「(衆参の)憲法審査会で政党が具体的な改正案を示すことで、国民の理解を深める努力を重ねていく」と述べ、自民党案の国会提示に意欲を表明。「全世代型社会保障」改革を3年かけて進める方針を示した。改憲に関し、首相は、憲法審での議論が進めば「与野党の政治的立場を超え、できるだけ幅広い合意が得られると確信している」と指摘。「国会議員の責任をともに果たしていこう」と訴えた。社会保障改革については、65 ...続きを読む
前回までは、介護報酬の「移行定着支援加算」等を始めとする新設の各種加算や、届出病院のケーススタディによる広報活動等の動きを先に紹介したが、ここからは、「介護医療院」の具体的な施設要件や入所者要件の内容等について検証したい。要介護者の「長期療養・生活支援」を担う介護医療院には、大きく分けて“介護療養型医療施設・機能強化型(A・B)相当(I型)”と、“「転換型」介護老人保健施設相当以上の(II型)”の2つのタイプがある。(II型)は現状、「転換型」老健でなければ認められないとされる。要するに、W改定の介護・診 ...続きを読む
独立行政法人福祉医療機構はきょう11月9日付で、(1)医療貸付、(2)福祉貸付、(3)代理貸付-の「固定金利」と「10年経過毎金利見直し(当初10年)」の利率をそれぞれ改定した。詳細は以下の通り(p1~p6参照)。 【医療貸付の固定金利】(p1参照)●病院の新築資金・甲種増改築資金:▽10年以内/0.21%▽10年超~11年以内/0.23%▽11年超~12年以内/0.26%▽12年超~13年以内/0.30%▽13年超~16年以内/0.40%▽16年超~19年以内/0.50%▽19年超~22年以内/0.60%▽22年超~26年以内/0.70%▽26年超~30年以内/0.80%●診療所の新築資 ...続きを読む
厚生労働省は11月7日、2018年10月から始まったケアプランの市町村への届出について説明した「平成30年度(2018年度)介護報酬改定に関するQ&A(Vol.7)」を作成し、都道府県などに事務連絡した。 2018年度の介護報酬改定では、利用者の自立支援と重度化予防などを促進する観点から、ケアマネジャーに対して、統計学的に見て通常よりかけ離れて訪問回数が多い生活援助中心型訪問介護を盛り込んだケアプランを作成した場合には、市町村への届出を義務づける仕組みが導入された。届出の対象になるのは、訪問回数がそれぞれ、▽要介護1: ...続きを読む
厚生労働省は11月7日、2018年9月分の「毎月勤労統計調査(速報)」を公表した。医療・福祉業の詳細は以下の通り。●月間現金給与額:▽総額/25万492円(前年同月比1.9%減)▽定期給与/24万8,815円(1.7%減)▽特別給与/1,677円(31.5%減)(p7参照)●月間実労働時間:▽総実労働時間/131.0時間(3.7%減)▽所定内労働時間/126.1時間(3.7%減)▽所定外労働時間/4.9時間(3.9%減)(p8参照)●労働者数と労働異動率:▽総数/762.8万人(2.0%増)▽一般労働者/519.8万人(増減なし)▽パートタイム労働者/243.0万人(6.6%増)▽入職率/1.4 ...続きを読む
    次の10件>  最終>>|

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る