Communication/コミュニケーション

薬剤師力向上特集

神奈川マイカルテから「マイME-BYOカルテ」と連携する“ファルモお薬手帳”に移行いたします

 平素より神奈川マイカルテをお使いいただきありがとうございます。
お薬手帳アプリ”ファルモ”は神奈川県が進める健康・医療情報プラットホームである「マイME-BYOカルテ」(※)とデータ連携する“ファルモお薬手帳”に移行致します。


慢性疾患のアドヒアランス向上を目指した服薬指導と薬局・薬剤師のこれからの役割

 薬局・薬剤師が今後に向けて取り組んでいくべきこととは何か。医薬情報研究所(株)エス・アイ・シーの堀美智子先生に、高血圧症患者を事例とする「慢性疾患のアドヒアランス向上を目指した服薬指導」の在り方を通し、ご教授いただいた。


薬局・薬剤師の未来を考えよう!薬局・薬剤師の生き残り戦略2014。~キャリアデザイン&薬局経営

 調剤医療費の増大、医薬分業に対する批判など、さまざまな課題を抱えるなか、薬局・薬剤師は国や国民の理解を得て、どのように活路を見出していくべきか。一般社団法人保険薬局経営者連合会会長の山村真一先生に、多様な事例を交えながら、これからの薬局・薬剤師の在り方についてお話していただいた。


ハイリスク薬の薬学管理指導のチェックポイント~精神神経疾患の患者対応

 うつ病や統合失調症など、精神疾患患者に対する精神神経用剤のリスク管理はどうあるべきなのだろうか。株式会社医療経営研究所研究員・富永敦子先生に、ハイリスク薬の薬学管理の基本を踏まえた患者対応のあり方について、多角的な視点からご教授いただいた。


調剤報酬改定に伴う、薬剤師・薬局の役割~超高齢社会における医療保険制度・社会保障制度の視点から

 昨年10月1日の内閣府統計によるとわが国の高齢化率は25.1%を超え、過去最高となった。医療制度改革や高齢者医療制度の見直しが進められるなか、薬局・薬剤師はどう活路を見出し、存在価値を発揮していくべきか?日本薬剤師会会長の山本信夫先生にお話をいただいた。


糖尿病治療における薬剤師の役割~アドヒアランス向上と薬剤の適正使用推進のために

 合併症が怖い糖尿病。対策と改善の基本は、食事、運動、効果的な経口薬治療といわれている。糖尿病の専門医として患者教育に熱心に取り組んでいる菅原正弘先生に、患者さんが糖尿病について理解を深めるための工夫や薬剤師に求めることなどをご教授いただいた。


2014年診療報酬改定で在宅医療はこう変わる!~薬剤師との連携が成功のカギだ!

 在宅医療は外来通院医療、入院医療に次ぐ「第三の医療」とも言われ、高齢化が進むなか、在宅医療への期待が急速に高まっている。在宅医療推進に向け、今回の診療報酬改定によって、医師や薬剤師に求められる役割や機能はどうなっていくのだろうか?在宅医療経営の第一人者、湘南なぎさ診療所の中村哲生先生にレクチャーしていただいた。


在宅医が薬剤師に求めること~認知症に対する理解と在宅医療のあり方

 認知症の高齢者数が年々増加し、在宅医療のニーズが高まるなか、薬剤師は医師や患者、介護者などとどのように連携を図っていくべきか。たかせクリニックの髙瀬義昌先生に在宅医の立場から、認知症に関する正しい知識とアドバイスをいただいた。…続きを読む


薬剤師のための患者クレーム対応~クレーム対応に万全を期して、患者満足度アップを狙うコツ

 調剤薬局の立ち位置が問われているいま、患者クレームにどう対応するのか、薬剤師が学び、実践すべきことは多い。その対策や患者とよい人間関係を構築する方策などについて、顧客満足度アップやクレーム対応のスペシャリスト、株式会社ウィ・キャン代表取締役の濱川博招先生にレクチャーしていただいた。…続きを読む


薬剤疫学への誘い~エクセル統計を用いた分析

 医師や医学系研究者の研究ツールとして必要不可欠な統計分析の手法を、薬剤師で取り入れている人はまだまだ少ない現状を踏まえて、統計分析の重要性とその活用法について、おふたりに指導していただいた。…続きを読む


心を動かす薬局広報~脳科学で薬局広報は変わる

 「広報」とは聞き慣れた言葉だが、医療の枠組みにおいて広報はどのような意味を持ち、今後どういった広報活動が求められてくるのか。大分岡病院で広報・マーケティング部顧問を務める山田隆司先生から、医療現場における広報のあり方についてお話ししていただいた。…続きを読む


患者ケア力を高めるためのアセスメントとプランニング

 薬剤師にいま最も必要とされている患者ケア力を高めるためのアセスメントとプランニングについて、北海道薬科大学で教授を務める早川達先生にその意義と重要性を解説していただいた。…続きを読む


ハイリスク薬の薬学的管理と服薬指導のポイント

 投与中に特に注意が必要とされるハイリスク薬の薬学的管理と服薬指導のポイントについて、<GooCo>のハイリスク薬のコンテンツ作成を担当する医療経営研究所の富永敦子先生に指導していただいた。…続きを読む


自ら考え、行動し、力を蓄えることで、生き残りの活路が拓ける

 厳しい厳しいといわれて久しい医療業界で、薬局・薬剤師がどうやって将来のビジョンを描き、未来へ道をつなぐのか。一般社団法人保険薬局経営者連合会会長の山村真一先生に、その方法やアイデアをアドバイスしていただいた。…続きを読む


慢性疾患治療薬のアドヒアランス向上を目指した服薬指導とは

治療継続率が低下しがちな慢性疾患のアドヒアランス向上を目的とした服薬指導の在り方について、医薬情報研究所 株式会社エス・アイ・シー取締役の堀美智子さんから、そのポイントとテクニックを伝授していただいた。…続きを読む

twitter

facebook

ページトップへ戻る