Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 医業経営ケーススタディ一覧

全 468 件
|<<最初  <前の10件    
京都市伏見区で、内科・小児科・リハビリテーション科・整形外科を標榜、在宅診療にも積極的に取り組む小川クリニックの小川一也先生。小川先生のもう一つの顔は、盲導犬ボランティアの活動家だ。盲導犬を連れた患者との出会いで、その献身的な犬の姿に感動した小川先生は、リタイアした盲導犬を引き取るボランティア家族となった。その後、2000年に現在の場所に独立開業し、診療所駐車場で盲導犬協会へのチャリティーバザーを毎年開催している。当日は、現役の盲導犬を招き、地域住民に向けた講演を行うなど、啓蒙活動にも熱心だ。直接の ...続きを読む
高知県は人口10万人対病院数、病床数共に全国第一位の激戦区。特に高知県中部の「中央2次医療圏」は病床充足率が140%を越える、顕著な過剰病床地域となっている。同医療圏に属する南国中央病院(99床)は、1985年の診療所開設以来、山本浩志院長のリーダーシップの元に南国市周辺に同病院を核とした地域完結型の医療・福祉ネットワークを構築。21年の間に介護・福祉施設等関連施設も含めると、1,057床にも及ぶ医療・福祉グループへと発展してきた。その成長過程において、病床削減の知事勧告や県医師会とのいさかい、さらには県行政との ...続きを読む
◆診療所を核に医療と介護の複合ネットワークを構築岡山県浅口市の医療法人福嶋医院は無床診療所を核に、地域で介護老人保健施設(いるかの家リハビリテーションセンター)、グループホーム(いるかの家)、介護事業所(居宅介護支援事業所いるか、ドルフィンホームヘルパーステーション)、学校法人(福嶋学園福嶋リハビリーテション学院)、NPO法人(生活支援センターいるかの家)等が有機的に連携する、「いるかの家ネットワーク」を構築している。2006年4月に同グループが笠岡市に開設した介護付き有料老人ホーム「ドルフィン笠岡」は ...続きを読む
兵庫県三木市の黒田東自由が丘診療所は、丸テーブルを囲むスタイルを待合室に採用した。家庭的でリラックスできると患者に好評で、診察が終わった後も、話し込む姿が珍しくない。冗談が飛び交う交流の場としての役割も担っている。黒田東自由が丘診療所は、同市で開発が進む自由が丘地区の住宅団地内で1980年に開業した。標榜科目は内科、小児科。当時は他の医療機関が少なく、連日200名を超える患者が殺到、押し寄せる患者に対応するため、早口で説明するほど、診察効率を上げるのに苦心したという。その後20年近くが経過し、内装の老朽 ...続きを読む
がん検診の切り札と期待されるPET(Positron Emission Tomography 陽電子放射断層撮影法)。大阪府内では10以上の医療機関が導入し、受診者の囲い込み競争が激化している。これまで進出の少なかった南大阪地域でも、近畿大学医学部附属病院に続き、医療法人錦秀会(大阪市住吉区)がPETを稼動させた。慢性期医療を主体とした同法人の参入に関して、「新機軸への第一歩」と語る籔本雅巳理事長に胸中を尋ねた。◆医療も経営も原点は同じ 人と人のつながりを大切にしたい「私は一般企業等で導入されているシステマティックな経営手法を信用し ...続きを読む
◆回復期リハへの転換過剰率54.3%という全国でも有数のオーバーベッド地域である大阪市。中でも、市内東部を南北に貫く主要幹線、上町筋沿いでは、高次医療を行う中核病院が立ち並び、車で10分程度の範囲内に、大阪赤十字病院や国立病院機構大阪医療センターなど、大阪を代表する医療機関・約6000床がひしめき合っている。天王寺区の辻外科病院は、この激戦区の中、回復期リハに転換することで成功を収めた中小病院の代表格だ。医療法人歓喜会・辻外科病院グループは、辻外科病院(71床)を核施設とし、クリニック、老人保健施設(入 ...続きを読む
◆糖尿病専門のクリニックモール京都市の西部、国道9号に面したイオングループの大規模商業店舗「ダイヤモンドシティ・ハナ」の一角に、糖尿病専門のクリニックモール「メディカルプラザ京都」がある。糖尿病に限らず、特定の疾患を対象としたクリニックモールは全国初の試みだ。同モールでは、糖尿病治療で全国的に有名な梶山静夫先生を院長とする「梶山内科クリニック」を核に、眼科、歯科そして薬局が連携している。眼科・歯科も糖尿病疾患が専門。単一コンセプトによる、より専門に特化した質の高い医療を追求している。2004年の開業当 ...続きを読む
◆目指すは入所者を医療と介護の両面からサポートする「複合入所介護施設」医療法人真芳会は、全国でも導入例の少ない血液透析ができるグループホーム「いきいき倶楽部館」を大阪府堺市で運営している。施設内には診療所を設置しているほか、デイサービス、ショートステイ、訪問介護事業、居宅介護支援事業を展開。現在は、認知症対応型通所介護事業の指定に向け申請を行っている。「入所者さん、患者さんが求めているものは何か」を常に追求しているという林真二理事長が目指すのは、入所者を医療と介護の両面からサポートする「複合入所 ...続きを読む
|<<最初  <前の10件    

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る