Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 医業経営Q&A一覧

全 862 件
労働法改正等における雇用主側の対応策は? 雇用環境改善による賃下げはできるか? ...続きを読む
有床診療所の48時間規制が撤廃される事で、有床診療所は医療圏の病床数に算入されることとなります。そうなった際、地域において有床診療所は病院と近似した機能を担っていくことになるのか、あるいはまた別の機能を担っていくのか教えてください。また、特に地方部の有床診療所は、人員基準の変化などに伴い人員確保の面な ...続きを読む
従来から病診連携や地域連携の重要性は叫ばれていました。どちらからというと紹介率を上げるという病院側の事情から進んでいた面もあると思います。平成18年度診療報酬改定で紹介率の評価は薄くなり、川上(病院)から川下(診療所)に流す在宅重視の流れが進んでくるものと感じます。その中で病院側としては診療所を選ん ...続きを読む
診療所の開業医が、診療や患者さんとの対応について勉強できるような機関がありましたら、教えていただけないでしょうか。プライマリケア等、病院でのドクターへの教育機関などはあると認識しているのですが、開業前に、開業したらこのように診療して、このように患者さんと対応して、このように経営していくのだ、というよ ...続きを読む
Q.平成19年度より医療法人の設立が出資額限度法人になりました。本来の医療法人の趣旨からは外れていたと思いますが、これまでは節税の観点から医療法人成りを進めてきた背景がほとんどであると思います。今後は単に節税目的だけの設立は減るようにも思いますが、既存の一人医師医療法人については、現状のままの取り扱い ...続きを読む
後継者の息子(2代目)に診療所を継承する予定です。しばらくは2世代で診療する予定ですがなかなか診療方針が合わずに対立することが多々あります。親子であるが為に言いたいことも言ってしまうことがしばしばあります。 ...続きを読む
2006年度の診療報酬改定における「電子化加算」を算定する予定の診療所は半数にも満たないような状況であるとの情報を聞いています。レセコンを導入しており、領収明細書の発行もいずれは義務化される方向で進んでいるようですので、もっと多くの診療所が算定してもいいように感じますが医療機関側が領収明細書発行に難色を示 ...続きを読む
現在クリニックを経営しております。近々病院で事務職をされていた方に入職していただく予定です。病院では常勤で勤務されておりクリニックでも常勤で勤務していただきます。その方の給与についてですが、現在明確な給与体系がありませんので、その方の希望も考慮しながら決める予定ですが、当然病院勤務に比べ勤務時間も出 ...続きを読む
開業まもない内科診療所です。増患対策について病診連携、診診連携、地域住民とのかかわり方などについて教えてください。 ...続きを読む
分娩廃止後の産科診療所の増収、増患対策、産婦人科診療所の機能強化(周産期、不妊症施設)について教えてください。 ...続きを読む

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る