Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 医業経営レポート一覧

全 1,033 件
    次の10件>  最終>>|
電子カルテの導入は終わりではなく、始まりです。実は電子カルテってとても不完全なもので、必ずチューンナップが上手く行かないと使いこなせないものなのです。その理由は、医師が診療スタイルが様々なために、かなり調整がきくように幅を持たせて開発されているというのが、その理由です。そこで、今回は日々の電子カルテ操作を楽にするポイントについてお教えます。1.セットやテンプレートはその都度見直す多くの電子カルテには、「テンプレート」や「セット」などのさまざまな入力支援機能が備わっています。これらの機能は、電子カ ...続きを読む
株式会社日本アルトマーク(東京都港区、代表取締役社長:伊倉雅治)は、療養病床の算定状況を調査した。療養病床は、現在「社会保障審議会療養病床の在り方等に関する特別部会」にて再編成が検討されている。療養病床のうち介護療養病床は、2006年度診療報酬・介護報酬同時改定で2011年度末に廃止することが決定したものの、2011年度介護保険法改正時に2017年度末まで期限が延長された。その後、介護保険法改正により、新たに介護医療院の創設が決まった。転換が完了するまでの経過措置を2023年度末まで期間延長されることとなった。医療 ...続きを読む
導入可能性が高い「かかりつけ」同意取得の基本様式2018年度調剤報酬改定に関し、中医協で「後発品使用促進策」や「門前薬局の評価見直し」等と共に重要なポイントとして議論されてきたのは、「対人業務の評価の見直し」です。これは「かかりつけ薬剤師」と患者との関係性に係る事柄でもあり、今回は「かかりつけ薬剤師」の業務や“お薬手帳”の活用を巡る「インフォームド・コンセント(説明と同意)」、要するに「対人業務の評価」の主たる改正点を見て行きたいと思います。さて2017年12月8日に中医協での議論をまとめた「調剤その2」の資 ...続きを読む
【討論】医師の働き方改革が向かう先は一般労働者と異なる労働時間の設定これまでのような長時間労働が放置されれば医師の健康管理に支障を来たすが、一般労働者に適用するような労働時間の上限設定をすれば、救急医療や産科医療は成立しない。働き方改革を進める上で、この2つの問題にいかにして着地点を見いだすのか。10日開催の「地域医療構想と地域包括ケア」で意見が飛び交った。<討論参加者>司会:田中滋氏(慶応大学大学院名誉教授)パネリスト:伊原和人氏(厚生労働省大臣官房審議官)、今村聡氏(日本医師会副会長)、猪口雄 ...続きを読む
2018年度診療報酬改定の基本方針は「地域包括ケアシステムの構築と医療機能の分化・強化、連携の推進」である。この方針のもとに進められている地域医療構想は、どこまで医療提供体制を変革できるのか。さらに2017年、新たなテーマにクローズアップされた医師の働き方改革は、応召義務や救急現場との両立から着地点が見えていない。一般社団法人医療介護福祉政策研究フォーラムが10日、都内で開いた新春座談会「地域医療構想と地域包括ケア」では各分野の論客が課題を語った。【問題提起】形骸化して実態が議論されない医療介護総合確保促 ...続きを読む
2018年1月21日には今年度の介護報酬改定率が0.54%とプラス改定が決まり、1月28日に報酬単価が発表された。それに先駆けて2017年12月17日に開催された第156回社会保障審議会介護給付費分科会(分科会長:田中滋慶応大学名誉教授)では、審議報告の取りまとめが話し合われ、同12月18日には介護報酬に関する審議報告が提出された。同取りまとめの内容は報酬改定の根幹に関わるものなので、前回に引き続き審議報告の内容を紹介していく。多様な人材の確保と生産性の向上第156回社会保障審議会介護給付費分科会で、2018年度の介護報酬改定に関 ...続きを読む
今回は、泌尿器科、婦人科・産婦人科、小児科にとって診療科目別に必要なコンテンツについて探っていきます。■泌尿器科■泌尿器科クリニックは、施設数自体が比較的少ないこともあって、しっかりとしたページのコンテンツが構築されれば、ホームページを経由した広域からの集患が期待できる診療科ともいえます。泌尿器科の場合、以下のようなコンテンツが基本になります。・排尿障害の治療・膀胱・精巣の病気・すい臓の病気・腎臓の病気・肝臓の病気・男性の更年期障害(加齢男性性腺機能低下症候群)・夜尿症、おねしょ外来・EDの治療・ ...続きを読む
【介護人材問題の政府動向】介護報酬改定に向けて、介護職員の人材確保施策 最新の動き外国人介護ヘルパー、積極活用の可能性を探る政府は2017年度厚生労働省補正予算案の中で、介護福祉士国家資格の取得を目指している外国人留学生を対象とした修学資金の貸付制度のために14億円を確保する。外国人の在留資格に「介護」が追加されたことを受けて、国家資格の介護福祉士の取得を目指す外国人留学生を受け入れるための環境整備を早急に進めたい考えだ。あわせて国内での介護人材の確保が難しくなっている中、留学生を対象とした介護福祉士 ...続きを読む
【講演2】若者だから伝えられることがある 新卒採用は20歳代に任せて成功社会福祉法人ゆうゆう(北海道当別町) 理事長 大原 祐介 氏半数は道外からの採用 SNSも若者視線で発信北海道で障害者支援事業などを展開する社会福祉法人ゆうゆう理事長の大原祐介氏は「喫緊である福祉人材確保・養成・定着と福祉サービスの質の向上」というテーマで講演した。同法人が事業を展開している当別町は、札幌中心部から30キロメートルほどに位置する。人口1万6,000人で、町内の北海道医療大学に通う学生800人も住んでいる。町内における障害児者支援サ ...続きを読む
注目される「性別適合手術」保険適用後の議論各報酬項目の実際の点数や詳細な要件設定に関しては未決定だが、2018年度診療報酬改定・個別改定項目の短冊(1月24日・中医協総会)が明らかになった。診療報酬改定の議論も大詰めを迎えて、予定では2月7日に中医協は厚生労働大臣への答申を行うとされる。450ページ以上にも及ぶ今改定の全容を一読して感じたのは、従来の改定と比較して、社会政策的な側面が非常に色濃くなっていることだ。これまでの報酬改定で、私たちは医療機関側の視点に立ち、経営面のプラス・マイナスばかりに捉われてき ...続きを読む
    次の10件>  最終>>|

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る