Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 医業経営レポート一覧

全 1,202 件
    次の10件>  最終>>|
ワークショップ-被災した患者の福祉的なニーズに気づけるか平時からの医療福祉連携で備えよう研修会の講演を受けて、参加者によるワークショップが行われた。そこでは医療と福祉が連携して、福祉的配慮を含めての支援体制づくりが重要であることが確認された。高齢化により、避難者の大半が医療や介護の支援を必要とするケースも出てきそうだ。参加者のディスカッションでは福祉避難所の是非が話題となった。福祉避難所は災害対策基本法で、医療ニーズなどが高い要配慮者を受け入れる避難所として規定されている。福祉避難所という考えは ...続きを読む
災害支援のベテラン職員を北海道の被災地へ派遣社会福祉法人典人会のDCATが北海道胆振東部地震の被災地支援で活動したのは2018年9月10日からの10日間だった。派遣メンバーはそれぞれの経験が評価されて選抜された。法人でDCAT活動を担当している専務理事で主任ケアマネージャーの内出氏のほか、社会福祉士、看護師らが派遣された。小規模多機能型居宅介護のケアマネージャーをしているAさんは介護福祉士でもある。熊本地震での活動経験がある職員だ。居宅介護支援事業所に所属しているBさんは65歳で、看護師、社会福祉、ケアマネージャー ...続きを読む
地震、豪雨など大災害が多発している今、改めて医療と災害支援や高齢者・患者避難について見直す必要がありそうだ。2018年12月に開かれた、災害派遣福祉チームの活動支援をしてきたNPO団体による研修会では、災害時こそ医療と福祉の連携が必要であり、高齢化でそのニーズが高まっているとの報告があった。そこではDCATの在り方も語られた。活動報告-北海道被災地に派遣されたDCAT医療福祉連携で被災患者らを守る重要性社会福祉法人典人会日本列島は毎年、自然災害に見舞われてきた正月早々、1月3日夕方にテレビを見ていると緊急地震速報 ...続きを読む
厚生労働省が2019年1月15日までに公表した「医師の働き方改革に関する検討会・とりまとめ骨子」では、医師の労働時間の短縮のために、医療機関内のマネジメント改革などから、トップの意識改革も求めた。労働時間管理の適正化医師の労働時間短縮の大前提として、医師の労働時間管理の適正化を図り、「時間」を意識した働き方に変えていくことが必要である。その際に、実務上重要な論点である宿日直といわゆる自己研さんの取り扱いについては、▽宿日直に関しては、医師、看護師の宿日直の許可基準の例示を現代化する(現状を踏まえて実効あ ...続きを読む
米国におけるダヴィンチ実用化は2000年から。開発の経緯は「遠隔診療」と共通点もロボット外科学会によると2016年9月現在の全世界におけるダヴィンチ導入実績は3,803台。 設置台数が最も多いのはアメリカで2,501台、ヨーロッパ全域で644台、アジア全域には467台が設置され、アジアの中では日本が237台と突出して高い導入実績となっている。ダヴィンチ開発の経緯を振り返ると、湾岸戦争勃発前の1988年頃の湾岸危機の時代にアメリカ陸軍が開発を主導。アメリカ本土や戦艦から医師により遠隔操作で戦場の負傷者等に手術を行うことを目的に、 ...続きを読む
パネルディスカッション-診療所と訪看だけでは在宅医療を担えない病院が専門部署を設けて地域を訪問する司会: 日本医療経営機構理事 今中雄一氏(京都大学大学院教授)シンポジスト: 城守国斗氏(日本医師会常任理事)        相澤孝夫氏(日本病院会会長)        邉見公雄氏(全国自治体病院協議会名誉会長)        迫井正深氏(厚生労働省審議官)今中:会場内の出席者から演者への質問や意見をお願いしたい。出席者A:相澤先生は広域型病院と地域密着型病院を提言したが、20年後の超高齢社会では医師 ...続きを読む
多職種連携、退院支援、在宅医療など病院経営の主要なテーマは、政策と現場の温度差がかい離している。NPO法人日本医療経営機構(京都市左京区)が12月8日、京都市内で開いた設立10周年記念フォーラム「これからの医療政策と経営人材」では、政策と現場の双方から問題点が指摘された。多職種連携、なかなか進んでいない日本医師会常任理事の城守国斗氏は、2018年度診療報酬・介護報酬改定について「ともにプラス改定だったことは、日本医師会が繰り返し主張してきた『社会保障の充実は国民の不安を解消し、経済好循環につながる』とい ...続きを読む
そのデイサービスはびっくりするほど狭い。施設の面積は施設基準最低限度の一人3m2。人がすれ違うのも少し気を遣うほどの広さです。このくらい狭いと、壁や物が近くにあります。だから、利用者は少しふらつけば壁に手をつくことができたり、物に手を掛けながら立ち上がったりすることができます。そして、トイレまでの距離が相対的に短くなります。だから、トイレ誘導も楽になりますし、何より近ければ、少しがんばって自分でいける人も増えます。食事は基本的に利用者が自分で運びます。麻痺のある方なども当然いらっしゃいますが、基本 ...続きを読む
2018年12月、改正出入国管理法が成立した。外国人労働者に対する国の方針は大きく舵が切られたことになるが、政府は「法律の具体的な内容については、政省令で今後決めていく」としている。少子高齢化がこれから約20年ピークを迎える日本では、介護業界での慢性的な労働者不足の状態が続いており、この法律に期待を寄せる介護事業者も多い。筆者が海外で実際に見てきた内容も含め、外国人介護人材の採用の方向性と課題について考えてみた。良い人材を採用したいのであれば、良い受入れ体制を改正出入国管理法では、政府が指定した職種で一 ...続きを読む
厚生労働省は2018年3月、「かかりつけ薬剤師・薬局」の推進に関する指標を中心に、薬剤師・薬局の現状について把握・分析すること等を目的とした、薬局及び患者を対象にしたアンケート調査を実施し、その結果を発表しました。調査期間は2017年11月22日から2018年2月9日で、2018年3月に調査結果が厚生労働省のホームページ上にUPされています。薬局の場合、調査対象は都道府県毎に無作為抽出した5,000薬局で有効回答数は46.3%(2,315件)。うち法人による経営が88.6%。同一経営主体による薬局店舗数が「50店舗以上」の薬局が約22.6%を ...続きを読む
    次の10件>  最終>>|

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る