Member/ユーザサポート

医業経営情報サービス 医療ニュース一覧

全 23,065 件
    次の10件>  最終>>|
中央社会保険医療協議会は11日の総会で、肺がん向け免疫治療薬「テセントリク」について、18日からの保険適用を了承した。高額抗がん剤「オプジーボ」の類似薬で、1日当たりの薬価はオプジーボと同額の2万9789円に設定した。テセントリクは、患者自身の免疫力を使うがん治療薬。手術で切除不可能な肺がんの治療薬として、1月に国から製造販売の承認を得た。中外製薬がスイス製薬大手ロシュと共同開発し、2016年から米国などで販売されている。国内で認められたオプジーボの類似薬としては、昨年2月に保険適用された「キイトルーダ」に続い ...続きを読む
東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構(IPMU)と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、X線天文衛星「ひとみ」に搭載された超高精度の観測センサー技術を活用し、がんのもとになる「がん幹細胞」の体内分布を高精度で追跡する研究を本格化させる。2020年ごろまでに検出器を試作し、マウスなどを使った実証試験を始める。がん幹細胞は抵抗力が強く、手術や抗がん剤、放射線治療などでがん細胞を全滅させても生き残り、増殖して再発や転移の原因になるとされる。完全に治すには、がん幹細胞が体内のどこに、どれだけあるかを精密に検出できる方法 ...続きを読む
厚生労働省は4月23日、東京都で指定薬物を含有する危険ドラッグが発見されたと報告した。都がインターネットサイトから入手した危険ドラッグを検査したところ、2製品から医薬品医療機器等法で規定されている指定薬物を検出した。都は販売元に対して販売中止を指示。当該物品を持っている場合は使用せず、速やかに都道府県薬務主管課に申し出るよう求めている(p2~p3参照)。今回、指定薬物が検出された製品は次の通り(p2~p5参照)。●物品名:ゴールド(表示名称:27)、検出された指定薬物:α-PHPP●物品名:イビサ(表示名称:なし ...続きを読む
健康保険組合連合会は4月23日、「平成30年度(2018年度)健保組合予算早期集計結果の概要」を公表した。それによると、健保組合の2018年度の経常収支は1,381億円の赤字となる見通しであることが明らかになった。前年度に比べて保険料収入が増加し、拠出金支出が減ることから赤字は縮小するが、義務的経費に占める拠出金の割合は45.76%を占め、「拠出金負担が組合財政を圧迫している状況に変わりはない」としている。集計は、予算データの報告があった組合(1,372組合)の数値をもとに、全1,389組合(2018年4月1日現在)の2018年度予算ベ ...続きを読む
心不全患者の身体や精神の苦痛を和らげる「緩和ケア」の在り方を検討していた厚生労働省の有識者会議は6日、推進策を提言した報告書を大筋でまとめた。医師や看護師、薬剤師、理学療法士ら多職種のチームを構築し、心不全の治療と緩和ケアを連携させて提供することなどが柱。心不全は患者の大半が高齢者。日本人の死因の2位になっている心疾患の中で、心不全は死亡者数の割合で1位になっており、増加傾向にある。日本ではがん患者を中心に緩和ケアの体制が整備されてきたが、心不全については不足が指摘されている。報告書は、心不全の治 ...続きを読む
厚生労働省は4月20日、「毎月勤労統計調査2018年2月分結果確報」を公表した。医療・福祉業の月間現金給与総額は25万2,785円で前年同月比0.5%減、産業全体は26万5,434円で、1.0%増だった(p1参照)(p6参照)。医療・福祉業の現金給与総額の内訳は、定期給与24万8,952円(前年同月比1.5%減)、特別給与3,833円(154.7%増)。産業全体は、定期給与26万571円(0.6%増)、特別給与4,863円(25.7%増)となった(p1参照)(p6参照)。月間の総実労働時間は、医療・福祉業では131.4時間(1.5%減)で、うち所定外労働時間は5.2時間(1.8%減)。産 ...続きを読む
厚生労働省は4月20日、「認知症の人の日常生活・社会生活における意思決定支援ガイドライン(GL)」の案を公表し、同日からホームページ上でパブリックコメントの募集を開始した(p1~p2参照)。GLは、認知症の人が自らの意思が反映された日常生活や社会生活を送れるよう、周囲の人が認知症の人の意思を汲み取り、その意思決定を支援するための標準的なプロセスや、留意点を記載した内容。支援に際して、自己決定に必要な情報をその人の認知能力に応じて理解できるように説明することや、家族、医療・福祉関係者と成年後見人などがチームを ...続きを読む
厚生労働省が4月20日に公表した2018年第15週(4月9日~4月15日)の「インフルエンザの発生状況」によると、定点当たりのインフルエンザ患者の報告数は1.66(患者報告数8,211人)で、前週の2.00より減少した。2017年第36週以降の累積の推計受診者数は約2,231万人となった。2018年第14週の基幹定点からの入院報告数は204例で、前週(211例)から減少した(p2~p3参照)。都道府県別で報告数が多いのは、青森県(7.05)、新潟県(6.93)、岩手県(6.51)の順。6県で前週よりも増加し、41都道府県で減少した。全国の保健所地域で警報レベルを超 ...続きを読む
国立感染症研究所は4月20日、2018年第14週(4月2日~4月8日)の「感染症週報」を公表した。流行性角結膜炎の定点当たり報告数は0.72(前週0.63)。2週連続で増加し、過去5年間の同時期と比べてかなり多い状態が続いている(p6~p7参照)(p12参照)(p26参照)。手足口病の定点当たり報告数は0.17(前週0.15)で、2週連続の増加となった。都道府県別では、宮崎県(2.25)、長崎県(1.48)、佐賀県(0.96)の順に多い(p6参照)(p10参照)(p25参照)。伝染性紅斑の定点当たり報告数は0.08(前週0.08)で、2週連続で増加した。都道府県別では岩手県(0 ...続きを読む
来週4月23日(月)からの注目される厚生行政関連の審議会は以下の通りです。 4月24日(火)時間未定 閣議 4月25日(水)10:00-12:00 中央社会保険医療協議会 総会13:00-15:00 医道審議会 医師分科会13:30-15:30 第4回全国在宅医療会議 4月27日(金)時間未定 閣議 ...続きを読む
    次の10件>  最終>>|

 

twitter

facebook

ページトップへ戻る